野菜果物色別栄養効果効能

野菜の色は、それぞれの野菜に含まれるファイトケミカル(フィトケミカル)に由来します。
ファイトケミカル(フィトケミカル)は、野菜や果物に含まれる機能性成分のことです。

人間に欠かせない糖質炭水化物)、タンパク質脂質ビタミンミネラルの5大栄養素に加え、第6の栄養素と言われる食物繊維、さらに第7の栄養素として、近年注目されているのがファイトケミカルです。

主に野菜や果物に多く含まれる色素や辛み、香りの成分です。
その数はおよそ1万種類と言われ、現在も研究が進められています。

野菜

ストレスや不規則な生活、紫外線などの影響で、私たちの体には日々活性酸素が発生しています。
これが体をサビ付かせ、生活習慣病やがん、また老化の原因になると言われています。

もちろん、私たちの体内にも、活性酸素をやっつける抗酸化物質はあるのですが、人間があまりにも長寿になったことや、ストレスなどの外的要因が多すぎるため、不足しているのが現状です。

そこで、野菜や果物のファイトケミカルが、体内の活性酸素を取り除き、免疫力を高めて、病気になりにくい体に導いてくれるのではと期待され、がん予防などの研究対象になっています。

活性酸素が発生しやすい環境下にさらされている現代の私たちにとって、ファイトケミカルは欠かせない存在なのです。



赤色の野菜果物-栄養成分

リコピン

効果効能

抗酸化作用、前立腺がん予防

カプサンチン

効果効能

がん予防、善玉コレステロールの増加

  • パプリカ、唐辛子など。

オレンジ色の野菜果物-栄養成分

プロビタミンA

効果効能

抗酸化作用、コレステロール調整

  • かぼちゃ、にんじん、みかんなど。

ゼアキサンチン

効果効能

加齢による視力低下予防、乳がん予防

  • パパイヤ、マンゴーなど。

黄色の野菜果物-栄養成分

フラボノイド

効果効能

高血圧予防、アレルギー対策

  • たまねぎ、レモン、柑橘類など。

ルテイン

効果効能

乳がん予防、結腸がん予防

  • とうもろこし、菊の花、ゴールドキウイ

緑色の野菜果物-栄養成分

クロロフィル

効果効能

抗酸化作用、コレステロール調整、消臭、殺菌効果(外用)

  • ほうれん草、モロヘイヤ、あしたば、にらなど。

紫色の野菜果物-栄養成分

アントシアニン

効果効能

抗酸化作用、加齢による視力低下予防、高血圧予防、肝機能の保護

  • なす、赤しそ、トレビス、ベリー類など。

黒色茶色の野菜果物-栄養成分

クロロゲン

効果効能

血圧調整、血統調整、ダイエット効果

  • ごぼう、ヤーコン、じゃがいもなど。

カテキン

効果効能

抗酸化作用、がん予防、コレステロール調整、ダイエット効果

  • 緑茶、柿、ワインなど。

白色の野菜果物-栄養成分

イソチオシアネート

効果効能

ピロリ菌対策、血液サラサラ対策、コレステロール調整

  • キャベツ、大根、わさびなど。

硫化アリル

効果効能

胃がん予防、大腸がん予防、抗菌効果、ビタミンB1の吸収促進

  • 玉ねぎ、にんにくなど。


おすすめコンテンツ

野菜果物色別栄養効果効能の関連ページ/通販