不飽和脂肪酸 (オメガ脂肪酸)

不飽和脂肪酸は、構造上炭素の二重結合がある脂肪酸で、植物油や魚油に多く含まれており、血液中の余分な中性脂肪コレステロールを減らし、動脈硬化や高血圧を予防することから特に注目されています。


一価不飽和脂肪酸(オレイン酸)は動脈硬化を予防

一価不飽和脂肪酸のオレイン酸には「善玉」といわれるHDLコレステロールを下げずに総コレステロールを下げる働きがあり、動脈硬化を防ぐ効果があると注目されています。

また、体内で酸化しにくい性質もあるので、有害な過酸化脂質をつくりにくいのが特徴です。

地中海周辺の国々で心疾患による死亡率が低いのは、オリーブ油(オレイン酸が多い)を使用しているためだといわれています。


多価不飽和脂肪酸は必須の脂肪酸

多価不飽和脂肪酸は、不飽和脂肪酸のうち、炭素と炭素の二重結合が2ヵ所以上ある脂肪酸です。

多価不飽和脂肪酸には、n-3系オメガ3)、n-6系オメガ6)があり、健康維持に必要な必須脂肪酸が含まれます。

これらはそれぞれ体内での働きが異なるので、バランスよく摂ることが重要です。

例えば、心疾患やアレルギーへの関与は、系列によって相反します。

n-6系オメガ6脂肪酸)のリノール酸やアラキドン酸は、摂り過ぎるとHDLコレステロールが低下して動脈硬化につながりやすく、また、アレルギー疾患を悪化させることがわかっています。

これに対しn-3系オメガ3脂肪酸)のDHAやIPA、αリノレン酸には、心疾患やアレルギーを防ぐ効果があります。



不飽和脂肪酸の豊富な食品

  • 魚介類、大豆、クルミ、植物油など

>>不飽和脂肪酸を多く含むクルミの効能効果

おすすめコンテンツ

不飽和脂肪酸の関連ページ