魚介類の栄養成分・種類

魚介類の栄養成分を概観すると、人の身体に必要な栄養成分のほうこであることがわかります。
不足しているのはビタミンCのみといっても過言ではないでしょう。

なかでも背青魚は、生活習慣病の要因となるコレステロール値を下げ、血液をサラサラにする優れた食材です。

背青魚は、一般的に安価でもあるので、積極的に食卓に取り入れ、魚介類の持つ栄養素を活かして、健康的な食生活を目指しましょう。

魚介刺身

タンパク質

魚は肉や乳製品と並ぶタンパク源です。
しかも、そのタンパク質は、人が体内で作ることができず、必ず食べ物から摂取しなければならない必須アミノ酸8種類(幼児期では9種類)をバランスよく含んでいます。

必須アミノ酸が一つでも基準値に達していないと、その食品はタンパク質として完ぺきではないことになります。

アジイワシサケサバサンマといった食卓でお馴染みの魚のほとんどがアミノ酸スコアで100点をとるほど優秀なのです。

しかも、肉に含まれる脂肪は中性脂肪値やコレステロール値を上げてしまうが、魚の脂肪はそれらを下げる働きがあるDHAやEPAが多く含まれています。
タンパク源としては、肉より魚を多く取るほうが健康的だと言えるでしょう。

タンパク質は、身体の成長・維持に不可欠な栄養素ですが、その他にも代謝の促進、不要塩分の排除などの働きをします。

タンパク質を多く含む魚介類

カルシウム

骨や歯の生成や維持に不可欠な栄養素です。
筋肉の収縮に一役買っているほか、ストレスを解消させる成分も持っています。

カルシウムを多く含む魚介類

  • めざしなどの材料となるカタクチイワシやウルメイワシ、アジ、アナゴ、小魚一般など。

DHAとEPA

魚で忘れてはならないのはDHAEPAです。
ひと頃は「頭が良くなる」栄養素として話題になったこともありますが、近年は血液サラサラ効果など生活習慣病予防で話題になっています。

DHAとEPAは魚に多く含まれている脂肪の一種で、植物油と同じ不飽和脂肪酸の一つで比較的新しく注目されている栄養成分です。
動物性脂肪が常温でかたまりやすいのに対し、常温ではかたまりにくい性質を持っています。

DHAは、脳の成長と発達に関わる成分を持っており、幼児だけでなく胎児の脳の発達を促進させます。

EPAは、血中のコレステロール値を低下させる働きをするため、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などの予防効果があります。

DHAは、血管の質を改善させ、EPAは血液をサラサラにする効果があります。
どちらも背の青い魚に多く含まれています。

DHAとEPAを多く含む魚介類

  • イワシ、ブリ、サバ、サンマなど。

タウリン

コレステロール値を低下させる働きがあり、視力の回復や維持にも効果があります。
さらに、肝臓障害の改善、糖尿病予防、高血圧の改善など生活習慣病関連を大きく是正させます。

タウリンを多く含む魚介類

  • イカ、タコ、ウナギ、、貝類、海苔など。

鉄分

鉄分は血液を造る栄養成分で、貧血を予防します。

鉄分を多く含む魚介類

  • カキ、アサリなど。


魚介のビタミン類

魚介類に含まれるビタミンAは、皮膚や眼、口腔、消化器官などの粘膜を維持しています。

ビタミンB1は、脚気を予防するほか、知覚機能を維持する働きがあります。

ビタミンB2は、身体の発育を促し、ビタミンB6は皮膚のさまざまなトラブルを予防します。

ビタミンB12は、貧血予防や血流を促し、ビタミンDカルシウムやリンの吸収を助け、老化の進行を抑える働きがあります。

また、ナイアシン(ビタミンB3)は皮膚炎や胃腸疾患を予防し、さらに不眠などになりやすい神経疾患の予防に効果があります。

ビタミンA

皮膚や粘膜を正常に保ち、免疫機能を維持するビタミンです。
がんの発生を抑制する効果があると言われています。

ビタミンAを多く含む魚介類

  • ウナギ、アナゴ、ギンダラ、ホタルイカ、ハモなど。

ビタミンB1

糖分の分解を助け、体のエネルギーを作り出します。
また、疲労回復や夏バテ解消に効果のあるビタミンです。

ビタミンB1を多く含む魚介類

  • ウナギ、カレイ、タラコ、カツオ、ブリ、ブリ、マナガツオなど。


おすすめコンテンツ