カテキン(緑茶ポリフェノール

カテキンとはポリフェノールの一種で、タンニンとも呼ばれている渋味成分です。
主に茶葉に含まれていますが、茶葉を蒸した後に乾燥させ、発酵させない状態で飲む緑茶には、烏龍茶や紅茶よりもカテキンが多く含まれています。

お茶・緑茶

カテキンの作用、働き

疾病の多くは活性酸素が原因の一つといわれています。
カテキンは強い抗酸化作用や、虫歯菌の増殖を抑える殺菌作用、コレステロールの調整などが期待されています。

カテキンは植物ポリフェノールの一種で抗酸化作用があり、生体内で過剰に発生した活性酸素を除去することにより、疾病の予防効果が考えられています。

カテキンの血糖値上昇抑制効果は、ショ糖や澱粉の消化酵素である小腸グルコシダーゼやアミラーゼの活性を抑制することによると考えられます。

また、カテキンを適度に摂取することで、がんを抑制する作用があるのではないかとも言われています。

カテキンの効能効果

  • 抗酸化作用
  • 抗菌、抗ウイルス作用
  • 腸内菌叢作用
  • 血漿コレステロール上昇抑制作用
  • 肥満抑制作用
  • がん予防
  • 血糖上昇抑制作用
  • 心臓病予防
  • ダイエット効果

緑茶


カテキンが含まれている食品・野菜・果物

お茶(緑茶)、柿、ワインなど。

カテキンの賢い摂り方

茶葉をそのまま食べる、粉茶や抹茶にして調理に使う。

おすすめコンテンツ

カテキンの関連ページ