ルテイン

ルテインは、とうもろこしや卵黄などに多く含まれています。

カロテノイドの一種で、水晶体や網膜の黄斑部など目の組織に含まれています。

その優れた抗酸化作用はファイトケミカルゼアキサンチンと共に、目に入ってくる紫外線をブロックして、網膜の色覚色素が酸化するのを防ぐ役割を果たしていると考えられています。

また、肺機能の向上やがん予防との関連についても研究が進められています。

とうもろこし

ルテインが含まれている食品

  • とうもろこし、かぼちゃ、ケール、ブロッコリー、ほうれんそう、ゴールドキウイ、菊の花など。

ルテインの効果効能

  • 抗酸化作用、がん予防(乳がん、結腸がん)、加齢による視力低下予防、動脈硬化予防、肺機能の向上

ルテインの賢い摂り方

ルテインは熱に強く、油との相性が良い。不水溶性。


おすすめコンテンツ

ルテインの関連ページ