クロロフィル

クロロフィルは、植物の葉緑体にあって、太陽のエネルギー、二酸化炭素、水から炭水化物デンプンなど)をつくり出す光合成を担っています。

その役割や構造は、私たちの体にある赤血球に含まれ、酸素を運ぶヘモグロビンとよく似ていて、ヘモグロビンはと、クロロフィルマグネシウムと結びついています。

しかし、クロロフィルマグネシウムは加熱すると分子内のマグネシウムが外れてしまうため、褐変し、色があせてしまいます。
これは茹で水が酸性だったり、酸素が残っている状態で強くなります。

また、クロロフィルには、消臭・殺菌効果やコレステロール調整などと関連あるのではないかと期待されています。

クロロフィルを含むほうれん草

クロロフィルが含まれる食品・野菜

  • ほうれん草、モロヘイヤ、あしたば、緑ピーマン、にら、パセリなどの緑野菜。

クロロフィルの効果効能

クロロフィルの賢い摂り方

クロロフィルは脂溶性です。
熱と酸の組み合わせに弱い。

緑野菜を茹でるときは、野菜の5倍以上の沸騰したお湯で、短時間加熱後、冷水で短時間冷却し、クロロフィルの変化を止めるようにすると良いでしょう。


おすすめコンテンツ

クロロフィルの関連ページ