食物繊維の分類

食物繊維には、水溶性のものと不溶性のものがあります。

働き種類(食品)
不溶性
食物繊維
便秘の予防・解消
痔疾の予防
有害物質の排泄作用
大腸がんの予防
食べ過ぎの防止
あごの強化・虫歯の予防
セルロース(穀類、豆類、野菜)
ヘミセルロース(穀類、豆類、野菜、海藻類)
ペクチン(野菜、未熟果物)
リグニン(豆類、穀類のふすま、野菜、ココア)
イヌリン(百合根、ごぼう、菊芋)
キチン(カニ、エビの殻)
水溶性
食物繊維
腸内細菌叢の改善
血糖上昇を抑制
脂質異常症を予防
高血圧の予防
発がんリスクを軽減
便秘の予防
ペクチン(果物、特にりんごや柑橘類の皮、野菜)
グアガム(ある種のマメ科の植物)
アルギン酸(こんぶ、わかめ)
グルコマンナン(こんにゃく)

おすすめコンテンツ

食物繊維の種類・分類の関連ページ