ミネラル

ミネラルは、体の調整をしたり、代謝を促進したり、骨を形成したり、健康維持に重要な役割を果たしています。

ビタミン同様、微量ながらも体の健康維持に欠かせいない栄養素で、必須ミネラルとしては16種類があります。

必須ミネラル

自然界には100種類以上の元素(物質を構成する基本単位)が存在しています。

人体の95%は酸素・炭素・水素・窒素の4元素で構成され、残りの5%に当たる元素を栄養学ではミネラル(無機質)と呼んでいます。

栄養素として不可欠なものは必須ミネラルと呼ばれ、16種類があります。

「日本人の食事摂取基準」では13種類が示されています。

カルシウム(Ca)

カルシウムの働き・役割

骨・歯などの硬組織をつくる。
細胞の情報伝達に関係する。
心筋の収縮作用を増す。
刺激に対する神経の感受性を高める。

カルシウムを含む食品・食べ物

大根、かぶの葉、モロヘイヤ、水菜、つまみな、小松菜、小魚類、乳製品など。

鉄(Fe)

鉄の働き・役割

鉄は血管中ではヘモグロビンとして酸素を運搬し、筋肉中ではミオグロビンとして血中の酸素を細胞に取り入れます。
鉄が欠乏すると、貧血、疲れやすく、忘れっぽくなるなどを引き起こすこともあります。

鉄を含む食品・食べ物

パセリ、大根、かぶの葉、菜花、小松菜、サラダ菜、ほうれん草、レバー、卵、糖蜜、きな粉、ゆば、煮干し、塩辛、海苔など。

マグネシウム(Mg)

マグネシウムの働き・役割

刺激による筋肉の興奮性を高める。
刺激による神経の興奮を低める。

マグネシウムを含む食品・食べ物

枝豆、おくら、ごぼう、おかひじき、魚介類、肉類、香辛料など。

亜鉛(Zn)

亜鉛の働き・役割

核酸たんぱく質の合成に必要な酵素の成分。
インスリンの成分でもある。

亜鉛を含む食品・食べ物

木の実、魚介類、肉類、牛乳、玄米、ぬか、豆など。

ナトリウム(Na)

ナトリウムの働き・役割

筋肉・神経の興奮性を高める。
細胞の外液の濃度を調整。

ナトリウムを含む食品・食べ物

食塩、味噌、醤油、塩辛、佃煮、ハムなど。

カリウム(K)

カリウムの働き・役割

心臓機能、筋肉機能を調整。
細胞の内液の濃度を調整。
高血圧の予防効果があるとして、注目。

カリウムを含む食品・食べ物

パセリ、ホウレン草、里芋、芽キャベツ、ゆり根、すいか、柿

ミネラルの作用

ミネラルの主な働きとしては、

  1. 骨・歯などの体の構成成分になる
  2. 体液に溶けてpHや浸透圧を調節する
  3. 酵素の構成成分になる
  4. 神経や筋肉の興奮性の調節をする

などがあります。

ミネラルの過剰摂取は、過剰症をひき起こします。
1日の必要量が100mg未満の鉄や亜鉛を摂り過ぎると、中毒を起こします。

また、ナトリウムの摂り過ぎは、高血圧症につながるなど、生活習慣病とも深い関係があります。
ミネラルは体内で合成することができないため、食事によって摂る必要があります。

ミネラルが欠乏すると、様々な不調の症状が現れたり、鉄欠乏性貧血、ヨウ素不足による甲状腺腫などの欠乏症をひき起こします。

カルシウム不足では骨粗鬆症になるなどの問題も起きます。



おすすめコンテンツ

ミネラルの関連ページ

マルチビタミン&ミネラル【Vitanatura(ビタナチュラ)】通販