秋刀魚(さんま)の栄養、効能効果

  • 効能効果:高血圧予防、ボケ予防、動脈硬化予防、貧血予防、老化予防、がん予防、胃弱改善、食欲不振改善

食品の栄養評価のひとつにタンパク価の(プロテインスコア)という基準があります。

これはある食材のタンパク質に、必須アミノ酸(体内で合成されず食べ物により取らなければならないアミノ酸)の種類と量がどれくらいの割合で含まれるかを示すもので、サンマはほぼ100近くです。

魚の中ではトップクラスで、牛肉やチーズさえもしのぐ効率の良いタンパク食品ということができます。

さんま

特に旬のものは、栄養価も美味しさも一段とアップします。
はらわたも栄養価が高いので、取らずに食べたいものです。

高タンパクのサンマはまた、なかなかの高脂肪でもありますが、この場合も良質の不飽和脂肪酸であるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)がたっぷり含まれているので心配はいりません。

冷たい海中で生活する魚の場合、その脂肪は凝固しにくい不飽和脂肪酸が中心です。

このうちEPA(エイコサペンタエン酸)は血液中のコレステロール低下させ、血液の流れを良くして血栓をできにくくする効果があり、怖い動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞から守ってくれます。

加えて、DHA(ドコサヘキサエン酸)には、コレステロールを抑える作用とともに、脳細胞の成長をうながし、脳を活性化、ボケを防ぐ働きがあります。

サンマにはほかにも、ビタミンのA、D、EやB群が多く含まれ、皮膚・粘膜や目の健康(ビタミンA)、カルシウム吸収を促しての骨粗鬆症予防(ビタミンD)、抗酸化によるガン・老化予防(ビタミンE)などの効果も期待できます。

栄養の代謝を促進するB群のなかでは、貧血予防に良いビタミンB12が多いのが特徴的です。

サンマの注目成分

サンマの主な栄養成分(可食部100gあたり)



サンマのの栄養素を効果的に引き出す調理法

夏バテ解消の栄養素を摂取!煮物にして煮汁もいただく

秋の味覚の一つであるサンマ。
夏に疲れた体を回復させるビタミンB群が豊富です。

これらは水溶性のため、煮物にしたら栄養素が溶け出た煮汁も一緒に食べるようにしましょう。
下処理で身を洗う時も手早く行わないと、ビタミンB群が流出するので注意しましょう。

煮る際に酢を入れれば骨からカルシウムが溶け出すので、摂取量を増やすことができます。
また、骨を油で揚げて、せんべいにするのもおすすめです。

サンマの健康美容効果倍増の食べ合わせ

ズッキーニと合わせて免疫力アップ

ズッキーニに豊富なβ-カロテンは、体内で抗酸化力の強いビタミンAに変わります。
ビタミンAは脂溶性なので、サンマの脂で吸収力がアップします。
ビタミンA本来の免疫力を高める効果が期待できます。

サンマ+キャベツ

サンマのビタミンB12とキャベツの葉酸には、それぞれ造血作用があります。
双方が合わさることで、貧血予防や肌のくすみ予防に期待ができます。

サンマ+パクチー

サンマのビタミンEとパクチーのビタミンCには、美容効果があると言われています。
これらが合わさることで肌をきれいにし、また疲労回復効果も期待できます。

サンマの選び方・保存方法

背中の部分が青黒く光っていて、全体に身が締まり、張りがあるもの。
目が澄んでいて、口先が黄色っぽい色をしている。
腹は銀色で全体的に光沢があり、太っているものを選ぶ。

保存する際はエラ、内臓を取って洗い、ペーパータオル等で水けをしっかり拭き取ってラップに包む。
ビニール袋に入れて冷蔵庫へ。
その日のうちに食べるか、冷凍保存する。(冷凍保存期間は1週間)


おすすめコンテンツ

サンマの関連ページ