魚介類の栄養成分

魚介類の栄養成分を概観すると、人の身体に必要な栄養成分のほうこであることがわかります。
不足しているのはビタミンCのみといっても過言ではないでしょう。

なかでも背青魚は、生活習慣病の要因となるコレステロール値を下げ、血液をサラサラにする優れた食材です。

背青魚は、一般的に安価でもあるので、積極的に食卓に取り入れ、魚介類の持つ栄養素を活かして、健康的な食生活を目指しましょう。

タンパク質

身体の成長・維持に不可欠な栄養素ですが、その他にも代謝の促進、不要塩分の排除などの働きをします。

タンパク質を多く含む魚介類


カルシウム

骨や歯の生成や維持に不可欠な栄養素です。
筋肉の収縮に一役買っているほか、ストレスを解消させる成分も持っています。

カルシウムを多く含む魚介類

  • めざしなどの材料となるカタクチイワシやウルメイワシ、アジ、アナゴ、小魚一般など。


DHAとEPA

不飽和脂肪酸の一つで比較的新しく注目されている栄養成分です。

DHAは、脳の成長と発達に関わる成分を持っており、幼児だけでなく胎児の脳の発達を促進させます。

EPAは、血中のコレステロール値を低下させる働きをするため、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などの予防効果があります。

DHAは、血管の質を改善させ、EPAは血液をサラサラにする効果があります。
どちらも背の青い魚に多く含まれています。

DHAとEPAを多く含む魚介類

  • イワシ、ブリ、サバ、サンマなど。


タウリン

コレステロール値を低下させる働きがあり、視力の回復や維持にも効果があります。
さらに、肝臓障害の改善、糖尿病予防、高血圧の改善など生活習慣病関連を大きく是正させます。

タウリンを多く含む魚介類

  • イカ、タコ、ウナギ、、貝類、海苔など。


鉄分

鉄分は血液を造る栄養成分で、貧血を予防します。

鉄分を多く含む魚介類

  • カキ、アサリなど。

魚介のビタミン類

魚介類に含まれるビタミンAは、皮膚や眼、口腔、消化器官などの粘膜を維持しています。

ビタミンB1は、脚気を予防するほか、知覚機能を維持する働きがあります。

ビタミンB2は、身体の発育を促し、ビタミンB6は皮膚のさまざまなトラブルを予防します。

ビタミンB12は、貧血予防や血流を促し、ビタミンDカルシウムやリンの吸収を助け、老化の進行を抑える働きがあります。

また、ナイアシン(ビタミンB3)は皮膚炎や胃腸疾患を予防し、さらに不眠などになりやすい神経疾患の予防に効果があります。