多価不飽和脂肪酸は必須の脂肪酸

多価不飽和脂肪酸は、不飽和脂肪酸のうち、炭素と炭素の二重結合が2ヵ所以上ある脂肪酸です。

多価不飽和脂肪酸は、最初の二重構造がどこにあるかで、n-3系オメガ3)、n-6系オメガ6)に分けられ、健康維持に必要な必須脂肪酸が含まれます。


n-3系列 多価不飽和脂肪酸

αリノレン酸

ガンや高血圧の予防に効果的で、アトピーなどのアレルギー疾患の防止にも役立ちます。

また、DHAやEPAを合成します。

αリノレン酸の豊富な食品

  • しそ、しそ油、亜麻仁油など。

DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)

DHA・EPAは青背の魚に多く含まれ、余分な中性脂肪コレステロールを減らす働きがあります。

また、脳の働きを高め、記憶力や集中力のアップにも効果的です。

DHA・EPAの豊富な食品

  • サンマ、サバ、マグロなど。


n-6系列 多価不飽和脂肪酸

リノール酸

リノール酸は、血中コレステロール値や血圧を下げるが、取り過ぎると、余分なコレステロールを回収する善玉コレステロール(HDL)まで減らしてしまいます。

リノール酸の豊富な食品

  • サンフラワー油、ごま油、大豆油など。

γリノレン酸

血中コレステロール値や血圧、血糖血を下げ、血栓を予防する効果があります。

さまざまな生活習慣病の予防に役立ちます。
γリノレン酸は、天然の食品にはあまり含まれていません。

アラキドン酸

血中コレステロール値や血圧を下げます。
取り過ぎるとアレルギーや、動脈硬化のリスクを高めます。

アラキドン酸の豊富な食品

  • レバー、卵白、アワビなど。


多価不飽和脂肪酸の関連ページ