ビタミンB2の上手な摂り方

ビタミンB2はレバーや魚介、牛乳・乳製品、卵などの動物性食品に多く含まれています。

調理損失が比較的少なく、そのまま食べられる食品も多いので、バランスよく食事を取っていれば不足する心配はないでしょう。

植物性食品では、納豆に多く含有されています。

緑黄色野菜やきのこ類にも比較的豊富に含有されています。

ビタミンB2は牛乳から発見されたことからラクトフラビンとも呼ばれます。

その名の通り牛乳や乳製品に多く、牛乳1杯で所要量の1/4を摂取することができます。

ビタミンB2は光に当たると構造の一部が壊れ、ビタミン活性が失われます。

明るい光に当たる瓶入り牛乳では2時間で85%が分解されてしまいますので、紙パック入りのほうが効率よく摂ることができるでしょう。


ビタミンB2を多く含む食品

1食当たりの目安量含有量(mg)
豚肝臓(レバー) 50g1.80
牛肝臓(レバー) 50g1.50
鶏肝臓(レバー) 50g0.90
魚介ウナギの蒲焼き 1串 100g0.74
マコガレイ 1切れ 100g0.36
ズワイガニ 50g0.30
サバ 1切れ 100g0.28
サンマ 1尾 150g0.27
その他普通牛乳 1カップ 210g0.32
納豆 1パック 50g0.28
  • ビタミンB2は、レバー、肉、魚介、牛乳、乳製品、卵、納豆などに多く含まれる。


ビタミンB2の1日摂取基準

年齢(歳)推奨量(mg) ※は目安量
0~5(月)※0.3※0.3
6~11(月)※0.4※0.4
1~2(歳)0.60.5
3~5(歳)0.80.8
6~7(歳)1.00.9
8~9(歳)1.21.1
10~11(歳)1.41.3
12~14(歳)1.61.4
15~17(歳)1.71.3
18~29(歳)1.61.2
30~49(歳)1.61.2
50~69(歳)1.41.2
70以上(歳)1.10.9
  • 妊婦初期は+0、中期は+0.2、末期は+0.3、授乳婦は+0.4を付加する。