健康に良い免疫力を高める野菜・穀物・豆類・山菜

アオイ科

オクラ

アカザ科

おかひじきホウレン草

アブラナ科

かいわれ大根 かぶ からし菜 カリフラワー キャベツ 京菜 クレソン ケール 小松菜 山東菜 大根 青梗菜 ブロッコリー 水菜

アブラナ科の野菜には体の酸化を防いだり、細菌や寄生虫の繁殖を防いだり、放射線を防御したりする働きがあります。

また、オルチプラッツ、アネトールヂチオレシチン、スルホラファンなど、抗がん性の含硫化合物が発見され、アブラナ科野菜にはがん予防の薬効成分があると確認されています。

米国の対がん協会でも、アブラナ科野菜には特に直腸がん、結腸がんの発生率を下げることが認められており、すでに動物実験では顕著な実績が証明され、臨床試験が進んでいます。



イネ科

大麦 玄米  たけのこ とうもろこし 胚芽米 発芽玄米 白米 はと麦

ウコギ科

独活(うど)

ウリ科

アマチャヅル かぼちゃ きゅうり スイカ ズッキーニ 夕顔

キク科

ごぼう サラダ菜 春菊 チコリ レタス

ゴマ科

ごま

サトイモ科

里芋

シソ科

しそ

シナノキ科

モロヘイヤ

ショウガ科

しょうが

スイレン科

れんこん

セリ科

明日葉 ウイキョウ ニンジン パセリ セロリ 

ゼンマイ科

ゼンマイ

タデ科

蕎麦(そば)

ナス科

ししとうがらし じゃがいも とうがらし なす ピーマン トマト



ヒルガオ科

さつまいも

マメ科

小豆 アルファルファ 枝豆 黒豆 さやいんげん さやえんどう 大豆 もやし 落花生

ユリ科

アスパラガス 長ネギ ニンニク 玉ネギ にら 

食べ物に含まれる物質などでガンを抑えることをガンの化学予防といいますが、近年注目されている化学予防物質にアブラナ科の野菜やユリ科の野菜に含まれるイオウ化合物があります。

イオウ化合物は、玉ネギを刻んだときに涙を流させたりする物質で、こうした物質の中に抗がん作用を示すものが発見されてきています。

がん予防のために野菜を1日300g以上食べることがすすめられていますが、このうちの100g前後をアブラナ科やユリ科の野菜で摂る様に
すれば、より一層がん予防効果を得られるでしょう。

ヤマノイモ科

山芋

関連ページ/通販