タンパク質

タンパク質とは、アミノ酸が多数結合した高分子化合物のことで、炭素、酸素、水素、のほか、窒素イオウを含んでいます。

アミノ酸の種類や量、配列順序などによって、タンパク質の形状や性質、働きは違ってきます。

人の体は約10万種類ものタンパク質で構成され、体内で常に合成と分解を繰り返しています。

これらはわずか 20種類のアミノ酸だけで構成される単純タンパク質と、アミノ酸以外の成分も含む複合タンパク質に分類されています。

タンパク質は、筋肉や臓器など体を構成する最も重要な成分で、酵素・ホルモン・免疫抗体などの原料にもなります。

リポタンパク質として栄養素の運搬にも関与しています。

タンパク質を過剰に摂ると、タンパク質には糖質や脂質のように体に貯蔵するしくみがないので、過剰に摂取した分は、尿により排泄されます。

このため、腎臓に負担をかけ、腎臓障害につながる危険性がありますし、尿中カルシュウム排泄量も増加してしまい、骨粗しょう症にもつながてしまいます。

逆にタンパク質の摂取が不足すると、人体を構成するタンパク質を分解して不足分を補うため、体力や免疫機能を低下させます。

また、血管が脆くなり、脳卒中の危険を高めます。
子どもおいては、成長障害をひき起こさせます。



タンパク質の特徴

構   造アミノ酸がペプチド結合により多数つながった高分子化合物とその関連物質
生理作用筋肉、臓器などの構成成分。抗体・酵素・ホルモンの原料となる
タンパク質を含む食品肉、魚介類、豆類、卵、牛乳など
摂りすぎによる 弊害腎機能障害、カルシウム排泄量の増大
不足による弊害体力及び免疫力の低下、子供の成長障害、脳卒中
1日の摂取基準成人男性:60g  成人女性:50g


タンパク質の関連ページ