鯖(さば)の栄養、効能効果

  • 効能効果:高血圧予防、ボケ予防、動脈硬化予防、眼精疲労緩和、肝機能強化

サバは大変脂の多い魚で、豊富な脂質は栄養面でタンパク質を補い、体力をつける働きがあります。

脂と聞けば直ぐにコレステロールなど、マイナスのイメージを持たれる方が多いと思いますが、サバに関しては、この脂質にこそ健康効果があり、怖い生活習慣病を予防してくれます。

サバの脂質には不飽和脂肪酸と呼ばれるEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)がとても多く含まれています。
この両成分には、血中のコレステロール中性脂肪を減らす働きがあり、血液を流れやすくすると共に、血栓や動脈硬化が原因の脳梗塞や心筋梗塞を予防します。

加えてDHAには、脳細胞を活性化する効果があることがわかっており、ボケの予防にお勧めです。

さば


サバの栄養素については、糖質や脂質の代謝を進め疲労回復のや細胞の再生に効果を発揮するビタミンB群、カルシウムの吸収を助けて骨粗鬆症予防に役立つビタミンDなど、健康と若さを保つビタミン類の多いのが大きな特長です。

背骨に近い「血合い」と呼ばれる部分には鉄分やEPAが豊富で、貧血予防や血液をさらさらにする効果、さらに血栓・動脈硬化予防も期待できます。

ほかにも、魚介類に多い遊離アミノ酸タウリンは血中コレステロールを抑えると共に、肝機能強化や胃を丈夫にし、体力をつける効果もあります。

食べて健康になるという点で、これほど有効な食材はなかなかありません。
揚げると臭みが消えるので、苦手な人も食べやすくなります。

サバの食べ合わせのコツ

ネギと合わせて動脈硬化予防

ネギには、におい成分のアリシンが含まれ、血栓を予防する効果があります。
サバのEPAとのダブル効果で血液中に血栓をできにくくし、動脈硬化や、それによる心疾患を防ぎます。

サバの選び方・保存方法

身にも皮にも張りがあるものを選び、切り口が柔らかくなっているものは避ける。

保存の際は、3枚におろして塩を多めに振り、約3時間おく。
水けを拭き取って半日ほど酢に浸し、冷蔵庫へ。

  • サバの旬:10~11月(秋サバ)、12~2月(寒サバ)


サバの関連ページ