ナトリウムの上手な摂り方

通常加工食品には、保存性を高める目的で、食塩が多く使用されています。

健康のため減塩対策を行う際は、加工食品を利用し過ぎないことが、重要なポイントとなります。

献立を考えるときは塩分0のごはんに薄味のおかずを組み合わせるのが良いでしょう。

酢や生姜、にんにく、カレー粉などで風味をつけると、塩や醤油を控えても美味しくいただくことができます。

醤油は「だし割り醤油」や「酢醤油」を使用するのもおすすめです。


ナトリウムを多く含む食品

1食当たりの目安量含有量(g)
即席中華めん 100g6.9
カップめん 75g5.2
イワシ丸干し 80g4.6
梅干し 1個 20g4.4
さきイカ 50g3.5
からし明太子 1/2 40g2.2
淡色辛みそ 大さじ1 18g2.2
イカ塩辛 30g2.1
カレールウ 20g2.1
塩昆布 10g1.8
  • ナトリウムは、調味料をはじめとする加工食品などに多く含まれます。



ナトリウムの1日摂取基準

成人のナトリウムの1日推定平均必要量は600mg、食塩量に換算すると1.5gです。

日本人の通常の食生活ではそれ以下になることはないので、とくに推奨量や目安量は策定されていません。

欧米では1日6g以下が推奨されていますが、日本の食文化では非現実的な値なことから1日8~10g未満が目標値とされています。


食塩とナトリウム

食塩とは、ナトリウムイオンと塩素イオンが結合した「塩化ナトリウム(NaCl)」のことです。

ナトリウムは、食塩のかたちで体内に摂取されることが殆どで、「食品成分表」では「ナトリウム」を「食塩相当量」に換算して掲載されています。

食塩相当量はナトリウムの量に2.54をかけて算出されます.

   食塩相当量(g)=ナトリウム(g)×2.54