ビタミンK

ビタミンKは、血液の凝固にかかわることから、「止血ビタミン」とも呼ばれています。
また、じょうぶな骨生成にも関与しています。

ビタミンKには、怪我や内出血を起こしたときに止血をする重要な役割があります。

出血が起こると、血漿中に溶解しているフィブリノーゲンが不溶性のフィブリンに変化し、血液がゼラチン状になることで血液を凝固させます。

フィブリノーゲンがフィブリンに変化するには、トロンビンという酵素が必要です。

ビタミンKは、トロンビンの前駆体であるプロトロンビンの生成に不可欠です。

ビタミンKには、カルシウムが骨に沈着するときに必要なオステカカルシンというタンパク質を活性化させる作用があります。

ビタミンDとともに、丈夫な骨をつくるためには重要な栄養素です。

ビタミンKは脂溶性ですが、過剰症は確認されていません。

ただし、抗血液凝固剤を服用している人は、ビタミンKの摂取量が制限されることがありますので注意しましょう。

ビタミンKが不足すると、血液凝固に時間がかかるようになります。

ビタミンKは、腸内細菌によって体内合成されるので、不足することは殆どないですが、肝疾患で胆汁の分泌が悪い人、抗生物質を長期間服用して腸内細菌が減っている人などは欠乏しやすくなるので注意しましょう。

また、新生児は腸内細菌が少ないため欠乏しやすく、頭蓋内出血や新生児メレナ(消化管出血)を起こす可能性があります。



ビタミンKの特徴

化学名・別名フィロキノン
ビタミンK性質黄色油状、脂溶性、光・熱・アルカリに安定
ビタミンKの生理作用血液凝固因子(プロトロンビン)の生成、カルシウム結合タンパク質の生成
摂りすぎによる弊害過剰症は認められていない
不足による弊害新生児メレナ、新生児の頭蓋内出血
1日の摂取基準成人男性:75μg  成人女性:60~65μg