秋刀魚(さんま)の栄養、効能効果

  • 効能効果:高血圧予防、ボケ予防、動脈硬化予防、貧血予防、老化予防、がん予防、胃弱改善、食欲不振改善

食品の栄養評価のひとつにタンパク価の(プロテインスコア)という基準があります。

これはある食材のタンパク質に、必須アミノ酸(体内で合成されず食べ物により取らなければならないアミノ酸)の種類と量がどれくらいの割合で含まれるかを示すもので、サンマはほぼ100近くです。

魚の中ではトップクラスで、牛肉やチーズさえもしのぐ効率の良いタンパク食品ということができます。

さんま

特に旬のものは、栄養価も美味しさも一段とアップします。
はらわたも栄養価が高いので、取らずに食べたいものです。

高タンパクのサンマはまた、なかなかの高脂肪でもありますが、この場合も良質の不飽和脂肪酸であるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)がたっぷり含まれているので心配はいりません。



冷たい海中で生活する魚の場合、その脂肪は凝固しにくい不飽和脂肪酸が中心です。

このうちEPA(エイコサペンタエン酸)は血液中のコレステロール低下させ、血液の流れを良くして血栓をできにくくする効果があり、怖い動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞から守ってくれます。

加えて、DHA(ドコサヘキサエン酸)には、コレステロールを抑える作用とともに、脳細胞の成長をうながし、脳を活性化、ボケを防ぐ働きがあります。

サンマにはほかにも、ビタミンのA、D、EやB群が多く含まれ、皮膚・粘膜や目の健康(ビタミンA)、カルシウム吸収を促しての骨粗鬆症予防(ビタミンD)、抗酸化によるガン・老化予防(ビタミンE)などの効果も期待できます。

栄養の代謝を促進するB群のなかでは、貧血予防に良いビタミンB12が多いのが特徴的です。

サンマの食べ合わせのコツ

ズッキーニと合わせて免疫力アップ

ズッキーニに豊富なβ-カロテンは、体内で抗酸化力の強いビタミンAに変わります。
ビタミンAは脂溶性なので、サンマの脂で吸収力がアップします。
ビタミンA本来の免疫力を高める効果が期待できます。

サンマの選び方・保存方法

背中の部分が青黒く光っていて、全体に身が締まり、張りがあるもの。
太っているものを選ぶ。

保存する際は内臓を取って洗い、水けを拭き取ってラップに包む。
ビニール袋に入れて冷蔵庫へ。


サンマの関連ページ