ビタミン

ビタミンの仲間は13種類

ビタミンの役目は、糖質脂質タンパク質などの3大栄養素をはじめ、ほかの栄養素の代謝や吸収を高めることです。

ビタミンを簡単に説明するならば、微量で体内の栄養を調節し、しかも体内で生産することができないために、食物として摂取しなければならない、生命活動に不可欠な有機化合物(微量栄養素)で、13種類あります。
「生命」を意味するラテン語「VITA」が語源といわれています。

ビタミン不足は、体に様々な弊害を引き起こします。
一部のビタミンは体の中で合成できることがわかってきましたが、それでは十分でないので、必ず食べ物から摂取する必要があります。

ビタミンは、人間の身体を形成し、維持していく三大栄養素のようにエネルギー源や体の構成成分にはなりませんが、これらの栄養素の生体内での、代謝を促進させたり、栄養源としての吸収や役割を助け、体の機能を正常に維持するために不可欠な物質です。

このビタミンの働きよって、タンパク質、脂肪、糖質が生体に円滑に作用し、骨となり、血となって、肉になることができるのです。

現在確認されている、人に不可欠なビタミンとしては、13種類があります。

いずれも必要量はごくわずかですが、食べ物から摂取しないと、それぞれのビタミンに特有の欠乏症状が引き起こされます。

多くのビタミンは、糖質脂質タンパク質の代謝を円滑に行わせる潤滑剤のような働きをしています。

また、血管や皮膚、粘膜、骨などの健康を保ち、新陳代謝を促し、活性酸素の害から体を守るなどの働きにも関与しています。



おすすめコンテンツ

ビタミンの関連ページ