テアニン

お茶の味は、主にうま味、甘味、渋味、苦味の4つの要素から成り立っています。
なかでも甘味を感じさせるテアニンは、緑茶に多く含まれる成分のひとつで、アミノ酸の一種です。

摂取すると脳波の一部であるα波が増加し、心身をリラックスさせる効果があります。

テアニンは腸管から吸収され、血液、肝臓に取り込まれ、血液脳関門を通過し脳内へ取り込まれ、血液脳関門を通過し脳内へ取り込まれることが知られています。

テアニンを摂取すると脳内カテコールアミン代謝の亢進が観察されることから、テアニンがドーパミン作動性ニューロンに対し、何らかの作用を及ぼしていると考えられます。

テアニンは玉露、抹茶、かぶせ茶、茎茶などに多く含まれます。
茎や根に近い部分ほど、この成分が豊富で、甘味を感じることができます。

神経機能を調節し、ストレスを解消する優れた効果は注目されています。


テアニンが含まれている食品

緑茶などのお茶類
(玉露や抹茶など高級茶のほうが煎茶よりテアニンを多く含む)


テアニンの優れた働き

  1. ストレスを解消させ、リラックスさせる。
  2. 神経細胞を守る。
  3. 肥満を抑制する。
  4. 月経前症候群の改善

 

テアニンの関連ページ