パントテン酸の上手な摂り方

パントテン酸は様々な幅広い食品に含有されていますが、缶詰・冷凍・精製などの加工工程で分解されやすいので、加工度の低い食品を活用したほうが、効率よく摂ることができます。

また、中性域(ph7)では比較的安定していますが、水溶性で熱による分解もされやすいので、シンプルな調理方法がお勧めです。


パントテン酸を多く含む食品

1食当たりの目安量含有量(mg)
鶏肝臓(レバー) 50g5.05
豚肝臓(レバー) 50g3.60
牛肝臓(レバー) 50g3.20
鶏もも肉(皮なし) 70g1.44
魚介子持ちガレイ 1切れ(100g)2.41
ニジマス 1尾 100g2.36
タラコ 1/2腹 40g1.47
ウナギの蒲焼き 1串 100g1.29
その他納豆 1/2パック 50g1.80
アボガド 1/2個 70g1.16
  • パントテン酸は、レバー、肉、魚、イカ、納豆、卵などに多く含まれています。


パントテン酸の1日摂取基準

年齢(歳)目安量(mg)
0~5(月)44
6~11(月)55
1~2(歳)43
3~5(歳)54
6~7(歳)65
8~9(歳)65
10~11(歳)66
12~14(歳)76
15~17(歳)75
18~29(歳)65
30~49(歳)65
50~69(歳)65
70以上(歳)65
  • 妊婦は+1、授乳婦は+4を付加する。


パントテン酸の上手な摂り方の関連ページ