ミネラル-健康で免疫力を高める栄養素

ミネラル-健康で免疫力を高める食べ物・栄養食品効果効能



ミネラル

ミネラルは、体の調整をしたり、代謝を促進したり、健康維持に重要な役割を果たしています。

ビタミン同様、微量ながらも体の健康維持に欠かせいない栄養素で、必須ミネラルとしては16種類があります。


必須ミネラル

自然界には100種類以上の元素(物質を構成する基本単位)が存在しています。

人体の95%は酸素・炭素・水素・窒素の4元素で構成され、残りの5%に当たる元素を栄養学ではミネラル(無機質)と呼んでいます。

栄養素として不可欠なものは必須ミネラルと呼ばれ、16種類があります。

「日本人の食事摂取基準」では13種類が示されています。


ミネラルの作用

ミネラルの主な働きとしては、

  1. 骨・歯などの体の構成成分になる
  2. 体液に溶けてpHや浸透圧を調節する
  3. 酵素の構成成分になる
  4. 神経や筋肉の興奮性の調節をする

などがあります。

ミネラルの過剰摂取は、過剰症をひき起こします。

1日の必要量が100mg未満の鉄や亜鉛を摂り過ぎると、中毒を起こします。

また、ナトリウムの摂り過ぎは、高血圧症につながるなど、生活習慣病とも深い関係があります。

ミネラルは体内で合成することができないため、食事によって摂る必要があります。

ミネラルが欠乏すると、様々な不調の症状が現れたり、鉄欠乏性貧血、ヨウ素不足による甲状腺腫などの欠乏症をひき起こします。

カルシウム不足では骨粗鬆症になるなどの問題も起きます。



ミネラルの関連ページ

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional