鰤(ぶり)の栄養、効能効果

  • 効能効果:高血圧予防、ボケ予防、動脈硬化予防、貧血予防、老化予防、眼精疲労緩和、肝機能強化、骨粗鬆症予防

出世魚としておなじみのブリは、魚のなかでも群を抜く濃厚な味わいがその特徴です。
これはたっぷりとのった脂のためで、サンマやサバ以上に多い脂肪には、その分不飽和脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)も豊富に含まれています。

一般に、冷たい海中で生活する魚の場合、その脂肪は凝固しにくい不飽和脂肪酸が中心で、このうちEPAは血液中のコレステロールを低下させ血液の流れを良くして血栓をできにくくする働きが大きく、怖い動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞から守ってくれます。

加えて、DHAにはコレステロールを抑える効果とともに、脳細胞の成長を促し、脳を活性化、ボケを防ぐ役割があることはよく知られた事実です。

不飽和脂肪酸の弱点である酸化も、ブリにはこれを抑える抗酸化のビタミンEが含まれているので安心です。



ブリは良質の脂肪酸以外にも、うまみの豊富なタンパク質をたっぷりと含んでいます。

糖質脂質の代謝に不可欠のビタミンB群や、カルシウムの骨への吸収を助けるビタミンDも多く、体を土台から元気にしてくれる作用があります。

ブリにはさらに、魚介につきものの成分であるタウリンもたっぷり含まれています。
遊離アミノ酸の一種であるタウリンは、血中コレステロールを抑えて動脈硬化を防ぐとともに、肝機能強化や眼精疲労緩和に作用することが知られており、生活習慣病が心配な方にはおすすめです。

とくに背骨に近く赤黒い血合いの部分に多く含まれますので、調理の際は積極的に利用すると良いでしょう。


ブリの関連ページ