EPA(エイコサペンタエン酸)

EPA(エイコサペンタエン酸)は、IPA(イコサペンタエン酸)ともいい、青魚の脂肪に多く含まれる必須脂肪酸の一つです。

EPAは、体の中で生成することができないため、食品から摂取しなければなりません。

スジコ、ハマチ、イワシ、サバなどの魚油に含まれる成分で、陸上の動植物には存在しませんが、植物油などで、α-リノレン酸を摂取すると体内でEPAに変換されます。

悪玉コレステロール中性脂肪を減少させて血流を良くし、血管内に血液が凝固するのを防ぐすぐれた作用があります。

血管内に血栓ができにくくなると同時に、血管の弾力性を保持してくれるため、日本人の死亡原因の上位を占める脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞などの血管障害の予防に大きな効果があります。

そのほか、アレルギー性炎症の抑制やコレステロールの低減に効果を発揮します。



EPAを多く含む食品

  • アンコウ(きも)、キンキ、ハマチ、マイワシ、マグロ、マダイ、サバ、ウナギ、サンマなど。


EPAの関連ページ

EPAサプリメント