健康に良い食べ物  さやえんどう

きぬさや
  • 薬効:高血圧 心筋梗塞 脳梗塞 動脈硬化 便秘 

関東では絹さやと呼び、細身でやわらかなもの、関西では大きめのオランダサヤエンドウが好まれます。

さやえんどうの中でも絹さやは色鮮やかで食感もよく、煮物やお吸い物などの彩りとして最適です。
また、ふくらみのある「スナップえんどう」や「砂糖さや」なども人気です。

近年は、ハウスものや輸入ものが多く、季節が感じられなくなりました。

さやえんどうの注目成分

さやえんどうの栄養素と効能効果

サヤエンドウは、ビタミンCが豊富でカロテンも多く有色野菜に入ります。
食物繊維も比較的多く、ほかのビタミンやミネラルも少し含みますが食べるのは彩り程度のことが多く、それほどの量にはなりません。

たくさん食べるときは、カロテンやビタミンC食物繊維の効果が期待できるでしょう。

さやえんどうの食べ方

筋をとり、たっぷりの湯でさっとゆで、手早く炒めたり煮たりします。
加熱し過ぎると、歯ざわりや色が悪くなるので注意が必要です。

量がたくさんあるときは、出汁と調味料で煮て卵とじにしたり、もやしのゆでたものと一緒にからしあえにしても良いでしょう。
また、バター炒めもさっぱりとしておいしくいただけます。

さっとゆでて冷凍保存しておくと便利に使えます。


 

さやえんどうの関連ページ