健康に良い免疫力を高める食べ物  カリフラワー

  • 薬効:がん予防、便秘予防、高血圧、風邪予防、動脈硬化、美肌など。

カリフラワーは外観からでしょうが、別名花キャベツともいわれています。

カリフラワー

ビタミンCといえばすぐに思い浮かぶのがレモンですが、じつは淡色野菜であるカリフラワーには、これに負けないほどのビタミンCが含まれています。

カリフラワーは、いも類と同じように組織がしっかりしているので、ビタミンCの量はゆでた後でも、同量のレモン果汁とほぼ同じです。

レモン汁100gを摂ろうと思うと大変ですが、温野菜にしたカリフラワーならペロリといただけるでしょう。

ビタミンCといえば、高い抗酸化力や美肌などのほか、風邪を予防する効果もあり、カリフラワーは、冬の食卓に欠かせません。

ビタミンC以外は、ビタミンB1、B2、カルシウムなどを含みますが特筆するほどではありません。
食物繊維はやや多く含まれ、ほとんどが不溶性で、便通を良くします。

カリフラワーの注目成分



カリフラワーの食べ方

多少アクがあるので一般的にはゆでて使います。
美味しくゆでるには、カリフラワーがかぶるくらいの湯(約1ℓ)に塩小さじ1強、酢大さじ1、小麦粉大さじ2を合わせて、カリフラワーの花のほうを下にして入れ、浮き上がらないよう落とし蓋をします。

かためで歯ごたえがあるほうが美味しいので、ゆですぎには注意しましょう。(カリフラワーは生で食べることもできます。)

玉ネギやニンジンなどと酢漬けにしておくと、付け合せに便利に利用できます。

ソテーやグラタンなどの洋風の献立はもちろん、茶碗蒸しなどの和風メニューにもなかなか良く合う食材です。

カリフラワーを購入する際は、白かクリーム色でかたくしまっているものを選ぶと良いでしょう。
保存は、固ゆでにして冷蔵か冷凍保存すると良いでしょう。



カリフラワーの関連ページ