健康に良い免疫力を高める食べ物  きゅうり

  • 薬効:むくみ 食欲増進 血圧降下 美肌 やけど あせも
キュウリ

むかし、きゅうりは夏の味覚と決まっていましたが、ハウス物が出回るようになり1年中食べられるようになり、季節感がなくなりました。
サラダ、漬け物、酢の物にと、手軽に使える便利な野菜です。

これといった栄養価はありませんが、さっぱりした味わいとパリパリした歯ごたえが命です。
そのためにも鮮度のいいものを選び、生で味わいたい野菜です。



きゅうりの注目成分

きゅうりの栄養と効能

きゅうりには水分とカリウムが多く含まれ、利尿作用があるので、むくみの解消によく効くといわれます。
きゅうりの皮30gを煎じて毎日数回に分けて服用します。また、つるも煎じて飲むと、さらに効果が高まります。

暑気あたりの解消にも効果的です。
特に、ぬか漬けにすると、ぬかのビタミンB1がしみ込んでいるので、きゅうりのビタミンCと共に、疲労回復に効果を発揮します。

ぬか漬けや味噌漬けは、食欲を増進させ、整腸作用があるので、胃炎などであれた粘膜にもやさしく作用してくれます。

きゅうりに含まれるカリウムには、体内の不要な塩分を排出し、血圧を正常に保つ作用があります。
高血圧や腎臓病の方が常食すれば、症状の改善が期待できます。

きゅうりの苦味のもとは、ククルビタシンという成分です。ククルビタシンには、色々な種類ありますが、その中の一部には、抗腫瘍性の作用があることが知られています。



きゅうりの外用薬としての効能

きゅうりのしぼり汁は、外用薬としても色々な効能を持っています。
おろしてしぼった汁は、ヘチマ水と同じようにそのまま化粧水として使えます。脂性の肌の方に向いています。

スライスしたきゅうりを10分ほど顔にのせて置くだけでも、美容効果を得られます。
肌をみずみずしくし、特に、日焼けのあとに用いると効果的です。

目の上にのせて置くと、目を冷やし疲れを取り、まぶたの腫れを解消してくれます。

軽いやけど、あせもなどの場合も、スライスしたきゅうりを患部に当てて冷やします。
おろしたものをガーゼに塗って、患部を湿布しても良いでしょう。

きゅうりの食べ方

きゅうりにはアルコルビナーゼというビタミンC破壊酵素が含まれますが、切ったものをあわせるならとくに問題はないでしょう。

きゅうりのぬか漬けは約10時間漬けるとビタミンB1はもとの5倍に、24時間後だと12倍にも増えます。
新しいぬかをどんどん足して薄味でゆっくりつけると良いでしょう。

きゅうりの関連ページ