健康に良い免疫力を高める食べ物  青梗菜

  • 薬効:風邪の予防 胃酸過多 胸やけ がん予防 動脈硬化予防 美肌

日本で青梗菜は、中国野菜の中では一番なじみのある野菜の一つです。
緑黄色野菜の一種で、ビタミンCビタミンA(カロテン)が多いので風邪に効果があります。

中国野菜全般に共通する鮮やかな緑色はビタミンAや葉緑素が豊富に含まれている証拠です。
ビタミンCもたっぷりですので、毎日食べていれば抵抗力がつくうえ、抗酸化の働きで生活習慣病の予防にも効果を発揮します。

チンゲンサイ

青梗菜には、ミネラル分も多く含まれ、骨や歯を丈夫にするカルシウムや塩分の排出を促すカリウムがしっかり取れ、骨粗鬆症や高血圧の予防に力を発揮します。

中華風の炒め物や煮物ばかりでなく和風や洋風など様々な料理に使いたい食材です。

青梗菜の注目栄養成分



青梗菜の有効成分と効果

青梗菜の大きな特徴はアルカリ性のミネラルが豊富なことです。
アルカリ性のミネラルが多いということは、胃酸過多で胸やけのときに食べると効果があるということです。

アルカリ性のミネラルが胸やけに効果があることは、医学的にも証明されていますが、青梗菜にはカリウムが100g中330mg、カルシウムが同130mg、ナトリウムが同40mgと、アルカリ性ミネラルのトータルとして500mgも含まれています。

青梗菜は油ととても相性のいい野菜です。
中国料理も必ず油を使いますが、青梗菜も油炒めが成分上も効果的です。

なぜかといえば、高温でさっといためると、まずビタミンCの損失も少なくすむことです。
さらに重要なことは、青梗菜に含まれるカロチンや植物化学物質は油によく溶ける性質を持っていますから、よりよく吸収されることです。
また、味も歯ごたえも良くなり美味しくたくさん食べられます。
成分上も味ももっとも適当な調理法といえましょう。

洋食なら、肉料理に添える温野菜に適しています。もちろん、ゆでても揚げても成分的には変化がありません。

青梗菜は、1株が大体150~200g位ですから、成分上1回に食べる量は1株の半分程度でよいでしょう。
炒めた場合、青梗菜100gに対してビタミンA効力は1300単位です。
つまり青梗菜半株でビタミンA1日に必要な量1800単位の2/3を摂取することができます。



チンゲン菜の関連ページ