健康に良い免疫力を高める食べ物  ブロッコリー

ビタミン、ミネラル豊富なブロッコリーでアンチエイジング

  • 薬効:がん シミ ソバカス 老化防止 風邪の予防

ブロッコリーは、カリフラワーとともに「はなやさい」と総称されます。

ブロッコリーは、ヨーロッパのイタリアが原産の野菜でカリフラワーとともにキャベツを改良して作られた野菜です。

キャベツは花を咲かせずに葉が巻いていくように改良された野菜ですが、ブロッコリーは、葉の部分よりもつぼみを増やす方向で改良された野菜です。

ブロッコリー

本家のヨーロッパでも一般に広まったのは、第2次大戦後のことで、日本の家庭に普及したのはさらに最近です。



栄養的にすぐれているブロッコリー

ブロッコリーは、大変栄養的にすぐれた野菜で、生のブロッコリーのビタミンCはレモンの2倍も含まれています。
ほかにも、カロチン(ビタミンA)、ビタミンB1、B2、カリウム、リンなども豊富に含んでいて、栄養満点の野菜です。

ブロッコリーにはカリウムなどのミネラル分も豊富ですが、ビタミンCの含有量は抜群で、キャベツの約3~5倍です。また、ベーターカロチンを含む緑黄色野菜にも分類されています。

このまれて食べられるのは花蕾という、つぼみの集まった部分ですが、茎や葉の部分にも栄養があり美味しく食べられるので捨てずに食べたいものです。

ブロッコリーの注目成分

ブロッコリーの主な栄養成分
(可食部100gあたり)

ブロッコリーは風邪の予防や美肌作りに最適!

ビタミンAは、粘膜の抵抗力を高めるので、風邪などの細菌感染を予防してくれる働きがあります。
緑黄色野菜として、豊富なビタミンAを誇るブロッコリーは、風邪の予防にはうってつけの野菜です。

特に冬場、緑の野菜が少ない時期に、ニンニクと炒めたり、シチューの具にしたりして食べれば、ビタミンAとCの補給になり、風邪を予防してくれるでしょう。

ブロッコリーは、レモンの2倍という豊富なビタミンCを含み、皮膚のシミやソバカスなどの色素沈着防止が期待できます。

また、ビタミンA皮膚や粘膜の保護に役立ちますので、ビタミンAとCを両方同時に摂れるブロッコリーは、美肌作りに一石二鳥です。
常食すれば美肌をよみがえらせてくれるでしょう。

またサラダにして、ドレッシングをかければ、植物油も合わせて摂取できるので、老化防止にも効果を発揮します。

>>ブロッコリーの抗がん作用



ブロッコリーの選び方・保存方法

つぼみが鮮やかな緑色で、開いていない。
かたく締まって中央がこんもりと盛り上がっている。
茎の切り口が瑞々しくて茶色く変色しておらず、割れていないものを選ぶ。

ブロッコリーを保存する場合は、新聞紙でつぼみを包んで全体をラップで包む。
ポリ袋に入れて口を軽く閉じ、深めの容器に軸を下にして立てて冷蔵室で保存(保存期間は2日間)。

ブロッコリーの栄養素を効果的に引き出す調理法

蒸してから油を合わせることで栄養損失を防ぎ、吸収率を高める

数種のビタミン、ミネラル食物繊維と、腸内環境を整えて、老化防止が期待できる栄養素が豊富なブロッコリー。

ただ、調理次第でそれらが損失してしまうことも。
特にビタミンCは、茹でると損失が激しいです。

これらを解消する調理法は、蒸すことです。
蒸し上がったブロッコリーにマヨネーズやオリーブオイルなどの油分を加えれば、β-カロテンの吸収率が高まり、味も◎です。

ブロッコリーの健康美容効果倍増の食べ合わせ

ブロッコリー+アーモンド

ブロッコリーのβ-カロテンビタミンC、アーモンドのビタミンEの相乗効果により、抗酸化作用が高まります。
免疫機能が高まり、風邪の予防が期待できます。

おすすめレシピ:ブロッコリーのアーモンドみそ和え

ブロッコリー+焼のり

ブロッコリーのビタミンCは、焼のりに含まれるカルシウムの吸収を助けます。
これにより健康な骨の形成に貢献し、また、丈夫な歯の維持にも期待できます。

おすすめレシピ:ブロッコリーの磯和え

おすすめコンテンツ

ブロッコリーの関連ページ