健康に良い免疫力を高める食べ物  パセリ

パセリ

  • 薬効:貧血 食中毒防止 疲労回復 口臭防止 食欲増進 虫刺され

地中海沿岸地方の原産で、ヨーロッパでは古くから栽培されていました。古代ギリシャ、ローマ時代にもにも香辛料として使われていたようです。

パセリ

パセリというと、料理のつけあわせという印象があり、つい食べずに残してしまうことが多いものです。
あの独特の強い香りと苦味がいやだという人もあるようです。

しかし、パセリの栄養価は、とても高いので残すのはもったいないことです。
なにしろビタミンCは、100g中200mgと、野菜・くだものの中でもトップです。
しかも、カロチンもニンジンとトップを争うだけの量を含んでいます。

さらに特筆に値するのは、鉄分含有量の多いことです。
100g中9.3mgと、野菜の中でこれもトップです。鉄分が多いといわれる小松菜の3倍以上あります。
カルシウムも豊富ですし、ビタミンB1、B2を含む栄養価の高い野菜です。

パセリの注目成分



パセリの効能 貧血の改善・食中毒の予防

貧血ぎみの人は、鉄分の豊富なパセリを毎日食べるようにすると良いでしょう。
生で食べるのがいちばんですが、リンゴ、オレンジなどをベースにして、パセリを適量混ぜたジュースも良いでしょう。香りが気になりませんし、量も十分とることができます。

パセリの香りはピネンやアピオールという製油成分によるものです。
古代ローマ人は、パセリには食中毒を予防する働きがあると考えていました。
料理の付け合せに用いるのも、そういう効果があるからでしょう。
肉料理のあとに食べると、口の中をスッキリさせてくれますし、食後ガムのように1茎かむと、口臭を消してくれます。

パセリの若葉150gと氷砂糖100gを、ホワイトリカー1リットルに漬けて2ヵ月ほど置くと、香りのいいパセリ酒ができます。
これを毎日飲めば、貧血に効くだけでなく、疲労回復や食欲増進に効果があります。

虫刺されには、生葉をすりつぶしてよくすりこむと、かゆみ、痛みをやわらげます。
また、パセリを煮てふきんでこした液は、肌の脂肪分を除きますので、ローションやヘアーリンスとして使うことができます。



パセリの関連ページ