健康に良い免疫力を高める食べ物  クレソン

  • 薬効:消化促進 高血圧 風邪の予防 口臭防止
クレソン

クレソンは、わさびなどと同じように、清流を好むアブラナ科の水生植物です。

ヨーロッパが原産で、明治の初期に日本に渡来しました。
川岸や小川に野生の状態で群生をみることができましたが、最近は、年々減少傾向にあります。

日本語の別名で、ミズガラシとかオランダカラシなどと呼ばれています。



ほろ苦さが魅力のクレソン

昔は、日本の食卓にはあまりなじみのある野菜ではありませんでしたが、近年は、手軽に買えるようになり、広く普及しました。
これは従来野生のものしかなかったものを栽培して、大量に生産できるようになったためです。

さわやかな香りと、淡い辛味が特徴でほろ苦さが魅力的です。
辛味と苦味のもとは、わさびなどと同じく含まれているシニグリンです。

健康にも美容にも良いクレソン!

クレソンをよく見かけるのは、ステーキやローストビーフの脇に生で添えられているものです。
肉料理に限らず、魚料理に添えても美味しくいただけます。

カルシウム、鉄分、ビタミンA(カロチン)、ビタミンCなどが多く含まれ、なかでもビタミンCの含有量は豊富で、常食すれば健康にも美容にも、大変役立つでしょう。

クレソンの効能

クレソンがステーキなどに添えられるのは、彩りのためだけではありません。
クレソンは、肉や魚を食べたとき、たんぱく質や脂肪が過剰になるのを防ぎ、消化を助けてくれます。
特に、肉料理の多い家庭では、できるだけ摂りたい野菜です。

といっても、つけあわせだけで食べる量は知れたものです。
色々なサラダに混ぜたり、ゆでてゴマ和えやおひたしにすると良いでしょう。みそ汁やスープに加えるのも悪くありません。

中国では身体の熱をとる効果があるとされ、夏バテ対策に西洋菜湯というクレソンのスープを食べるといいます。

クレソンは、ビタミン不足の解消に効果的ですから、軽い高血圧の方、ヘビースモーカーの方におススメです。
活力がない方、風邪を引きやすい方にも、クレソンに含まれるビタミンAとCが効果的な健康野菜です。



クレソンの食べ方

生のまま、ローストビーフやビーフステーキにたっぷりと添えるのが一番でしょう。

たくさん手に入ったときは、サッとゆでてゴマ和えにするのも良いでしょう。

クレソンの意外な使い方

クレソンのしぼり汁を頭皮に塗ることで、抜け毛の防止、発毛育毛に効果があります。
しぼり汁をアルコールで薄め、直接地肌に刷り込みます。
あわせて頭皮のマッサージを行えば、効果はさらに高まるでしょう。

クレソンの独特な香りを利用して、葉を噛む事で、口臭を防止することができます。甘味がないだけ、ガムよりさわやかです。

クレソンの関連ページ/スーパークレソンEX通販情報