健康に良い食べ物  黒豆(黒大豆)

  • 薬効:咳・声がれ 冷え症 低血圧 解毒 二日酔い 強壮 動脈硬化 むくみ・ほてり 更年期障害 

黒豆には、血行を改善して排尿力をアップし、むくみやほてりを解消する効果がしられています。

東洋医学の世界では、すでに1000年以上も昔の医学書に、このような黒豆の健康効果について詳しく書かれているほど、その薬効については古くから認められていました。

黒豆のの注目栄養成分

黒豆の栄養素と効能効果

大豆の仲間で、正月のおせち料理には欠かせない食材です。
栄養的にもすぐれたものを持っていて、黒豆のタンパク質を構成するアミノ酸には、リジンアスパラギン酸グルタミン酸などが豊富に含まれています。

また、大豆と同様、リノール酸やレシチンサポニンを多く含みますが、ビタミンB1の含有量が大豆よりずっと多いのが特徴です。

黒大豆

また、黒豆にはイソフラボン、アントシアニンも豊富です。
イソフラボンは女性ホルモンに近い働きをするので、更年期障害などの女性の体のトラブル改善に効果があり、アントシアニンには毛細血管を保護修復する働きがあります



せき・声がれ改善効果

黒豆を水からゆでた、そのゆで汁に黒砂糖を混ぜて、お茶がわりに日に数度飲むと、咳が止まり、のどが楽になり声がれを治します。

冷え症・低血圧の改善効果

中国で昔から用いられている薬酒・豆淋酒を飲むと、体が温まり、冷え症、低血圧の症状が改善されます。

豆淋酒の作り方は、日本酒1.8lに、フライパンで炒って殻を取った黒豆360gをつけこみ、冷暗所で2~3ヵ月保存します。
その後、ふきんなどでこして、出来上がりです。

これを毎晩、就寝前にさかずき2杯ほど飲みます。
産後の経過が思わしくないときにも、豆淋酒は効果があります。

黒豆の解毒作用

黒豆には、強い解毒作用のあることが知られています。
魚や肉などを食べてあたったときにには、黒豆の煮汁を飲むと治ります。
強い中毒の場合は、黒豆と甘草を2対1の割合で合わせて煎じると、より効果的です。

悪酔い・二日酔い防止効果

黒豆の煮物をつまみながらお酒を飲むと、悪酔い防止ができます。
これは、黒豆の解毒作用と肝機能のフォローによるものです。

さらにお酒の後に黒豆茶を飲めば、二日酔いの防止に役立ちます。
黒豆茶の作り方は、700mlの水に150gの黒豆を入れて、半量になるまで煮つめます。
これを1日3回に分けて飲みます。このお茶はせき止めにもなります。



強壮・スタミナ増強効果

大豆よりビタミンB群の豊富な黒豆には、いっそうの強壮効果があります。

煮豆を食べるだけでも十分ですが、より効果を期待したい場合には、豆乳にして飲むと良いでしょう。
黒豆を一晩水に浸して、やわらかくしたものをすり鉢ですりつぶし、ふきんでしぼります。
この汁を温め、ハチミツを加えて飲みます。
すりごまを加えると、さらに男性のスタミナアップがはかれます。

動脈硬化予防効果

黒豆を常食すれば、リノール酸とレシチンの動きによって、血管も丈夫になります。
また、サポニンが血中の脂質の酸化を防ぎ、コレステロールを低下させるので、動脈硬化の心配な中高年には最適です。

ダイエット効果

黒豆に含まれるレシチンは悪玉コレステロールを減らして動脈硬化を防ぎ、サポニンは強い抗酸化作用でがんや肥満を防ぐ効果があるとされています。
こうした働きから、黒豆はダイエットを強力にサポートする食品と言えるでしょう。



黒豆の健康美容効果倍増の食べ合わせ

黒ミルク

黒豆の健康パワーに、同じく栄養価が高い黒ゴマと牛乳をプラスしたのが黒ミルクです。

黒ゴマは骨を丈夫にし、肌をつややかにして全身の老化を防ぎます。
牛乳は体をうるおして体力をつけるので、栄養が不足しがちなダイエット中には最適です。

黒豆と黒ゴマは粉末にするので、栄養成分が吸収されやすくなります。
疲れやすい人、代謝が悪くて太りやすい人、むくんで体重が増えた人にもおススメです。

おすすめコンテンツ

黒豆の関連ページ