健康に良い食べ物  黒ごま

  • 薬効:抗酸化力向上、動脈硬化予防、高血圧予防、アンチエイジング、腸の健康

ごま特有の強力な抗酸化成分のゴマリグナン

ゴマはゴマ科に属する1年草の植物で、原産地は東インドともアフリカともエジプトとも言われています。

ゴマには黒ゴマ、白ゴマ、黄ゴマ、金ゴマなどの種類があります、薬用として多用されるのは、もっぱら黒ゴマです。

ごまにはゴマリグナンという抗酸化力の強い成分が含まれています。
ゴマリグナンはセサミン、セサミノール、セサモールなどという抗酸化成分の総称です。

黒ごま

ゴマリグナンにはコレステロールの調整、動脈硬化や高血圧の予防、がん細胞の成長抑制、肝機能の強化、アルコールの分解促進、美肌や代謝の活性化の働きがあります。

セサミンはゴマリグナンの50~60%を占める成分で、抗酸化以外にも肝臓に直接作用して、様々な機能を発揮します。



ゴマには抗酸化作用のあるビタミンEも含まれていて、セサミンとの相乗効果も期待できます。

ゴマの中でも最も抗酸化作用が強いとされる黒ゴマは、漢方でも重用されています。

また、カルシウムも豊富です。
ゴマ大さじ1杯で牛乳1本分に近いカルシウムがとれます。
マグネシウムビタミンB1タンパク質も含まれています。

ゴマの50%は脂肪分で、うちオメガ6のリノール酸が約45%なので取り過ぎには注意しましょう。

オメガ9のオレイン酸が40%、飽和脂肪酸のパルミチン酸が少量含まれています。

黒ゴマと白ゴマの違いは外皮の色で、黒ゴマには抗酸化作用のあるアントシアニンなどのポリフェノールが豊富に含まれています。

ゴマは食物繊維も豊富なので、便の量が少ないタイプの便秘の人には役立つでしょう。



黒ごまの注目栄養成分

黒ごまの美味しい食べ方

料理にふりかける。
炒めもの、スムージに。
1日大さじ1杯を目安に。

おすすめコンテンツ