健康に良い免疫力を高める食べ物  しそ

  • 薬効:精神安定 貧血 腹痛 下痢 咳 食欲増進 神経痛 リュウマチ 脚気 がん 動脈硬化 骨粗鬆症 花粉症・アレルギー、食中毒

しそは、日本でも平安時代以前から栽培されていました。

しそを大別すると緑色の青じそと、紫色の赤じその2種類があり、いずれも葉だけでなく、成長段階に合わせて、芽や花も利用できます。
発芽まもないものを芽じそ、3分の1ほど花をつけたものを花穂、一部に実が入ったものを穂じそと呼び、それそれ料理には欠かせない名脇役たちです。

紫蘇

しその葉(別名大葉)は、刺身のつまにしたり、葉の片面に衣をつけて天ぷらにしたりします。

細かくきざんで、きゅうりやキャベツの浅漬けにまぜたり、あるいはチーズやかまぼこを巻いて、お酒のおつまみにしても良いでしょう

赤じその葉は梅干しの色づけになくてはならないものです。
また、梅干しに漬けた赤じそを陰干しにして粉にしたゆかりは、
薬味に使ってもよし、ふりかけにしてもよしと、とても重宝です。

穂じそや花じそなどは、刺身や天ぷらのつけ合わせに適していますし、実は薬味として、独特の風味をだします。

青じそはは年間を通して流通しています。
赤じそは6~8月が旬です。

選ぶときのポイントは、葉の色が濃くてみずみずしいもの。
香りが強く、葉の裏に黒い斑点が出ていないものが新鮮な良品です。

梅干しに使う赤じそは、葉がよくちじれているもののほうがきれいな色が出ます。

穂じそは、花の咲いていないものを選び、花じそもつぼみが多く、
花がまだあまり咲いていないものを選ぶのがポイントです。

保存は、しおれないように湿気をもたせて、冷蔵庫に入れますが、
なるべく新鮮なうちに使いきるようにしましょう。

しその注目栄養成分



しその栄養成分と効能

漢方では、葉を蘇葉、種子を蘇子といって、利尿、発汗、去痰、鎮咳などの薬として広く用いられています。

葉はひじょうに栄養価が高く、とくにカロテン(ビタミンA)の多さは、全野菜の中でもトップクラスです。
カルシウム、鉄分といった無機質も豊富で、ビタミンもB1、B2、Cと豊富に含まれています。

しそといえば、あの爽やかな香りです。
芳香の成分はぺリアルデヒドというもので、防腐・殺菌作用を持っています。

この防腐・殺菌作用によって、生魚にあたることを防ぐ効果を発揮します。

しそは、さまざまな効能があることが知られていますが、神経をしずめる働きもそのひとつです。

ふだんからしそを常食していると、神経のイライラがおさえられ、精神安定に力を発揮します。

しその葉をもんで、陰干しにしたものを煎じてお茶がわりに飲むと、良いでしょう。

神経がたかぶって眠れないときは、寝る前にしそ酒を飲むと熟睡できます。
このしそ酒は、精神安定や不眠に効くだけでなく、常用していれば胃を丈夫にする効果もあります。

また、しそには鉄分が多く含まれていますので、貧血にも効果的です。

しその香りは胃液の分泌を促すので、食欲増進につながります。

葉を陰干しにしたものを粉末にして保存しておき、薬味として使用すれば、健胃効果を期待できます。

また、お腹をこわしたときにしそ茶を飲むと、下痢や腹痛が改善されます。
しその葉と花をきざんで熱湯を注ぎ、お茶のようにして利用します。

陰干ししたその葉を細かくして同じように飲んでも、同様の効果を発揮します。

腹痛には、しその葉をきざんだものと梅干しの肉を熱湯に溶いて飲んでも効果的です。

このしそ茶を毎日飲んでいれば、血行を促し、尿や汗の出がよくなるといわれます。
風邪を引いて咳が出るときにも、しそ茶は効果的です。

しそは食べることによって、神経痛やリュウマチ、かっけをなおす効果があります。
しそ酒やしそ茶をいつも常飲していれば、痛みが解消してきます。

しその葉は入浴剤として用いても、大変効果的です。
葉を適当にきざんで布袋に入れ、浴槽の中に漬けます。

よい香りとともに皮膚を快く刺激し、血行を促進し、肌をなめらかにしてくれます。
とくにリュウマチや神経痛のお年寄りにお勧めです。



しそ酒の作り方

  1. 青じその葉と合わせて200gをよく洗い、水気をきって陰干しする。
  2. 半乾燥したしそと氷砂糖200~300gを、果実酒用のビンに交互に入れ、上からホワイトリカー1,8ℓを注ぐ。
  3. 冷暗所に保存し、時々ビンをゆすって氷砂糖を早く溶かすようにする。
  4. 半月ほどしてしそが変色したら、葉や実を取り出す。
    3ヶ月ぐらいから飲めるので、あらためてガーゼでこして再保存する。