健康に良い免疫力を高める食べ物  小松菜

  • 薬効:動脈硬化 がん予防 風邪予防 老化予防 骨粗鬆症 
コマツナ

同じ葉物野菜であるほうれん草に比べ、栄養面で落ちるかのように思われがちな小松菜ですが、これは大きな誤解で、ビタミンAひとつをとっても、小松菜のほうが多く含んでいるうえ、カルシウムでは約4倍と大きく上回っています。

加えてアクの少ない小松菜は生で食べられるのもうれしい点です。
この場合、壊れやすいビタミンCもほうれん草より多く摂ることができます。

粘膜や皮膚を強化するA、発がん物質の作用を弱めるC、細胞の老化を促す過酸化脂質を抑えるEと、老化を防ぐ3大ビタミンをとりわけ多く含むのが小松菜の特長です。

これらを効率よく摂るためにも、小松菜はできるだけ生で、また香辛料使って食べると良いでしょう。

香辛料にはそれ自体に抗酸化作用があり、小松菜に含まれるビタミンEの効果を一層引き出してくれます。



小松菜の注目成分

小松菜の食べ方

小松菜はアクがないので下ゆでなしに、直接調理できます。
油で炒めるとβ-カロテンの吸収が高まり、手早くすればビタミンCの損失も最小限に抑えることができます。

煮浸しにするときも、サッと炒めてから煮ると良いでしょう。



小松菜の関連ページ