健康に良い免疫力を高める食べ物  にら

  • 薬効:スタミナ増強 便秘 下痢 腹痛 胸やけ 冷え症 貧血 つわり 鼻血 打ち身 痔

にらが日本に入ってきたのは古く、『古事記』にも記載されています。

江戸時代には薬草として栽培されるようになりますた。
現在のように、野菜として広く食べられるようにな ったのは戦後になってからです。

ニラ

にらといえば、すぐに独特のにおいを連想してしまいますが、そのにおいは 硫化アリルという成分で、消化酵素の分泌を促し、食欲増進に効果を発揮し、ビタミン B1の吸収を高める重要な働きも果たしています。
くさいからといって敬遠するのは、もったいない話です。

にらはまた、ビタミン類を多く含んでいます。
ビタミンAは、10 0gで成人男子の1日の必要量の約9割をまかなえます。

ビタミンCも100g中25mgと豊富に含まれており、B1、B2も含んでいます。

また、カルシウムの多さもほうれんそうにひけをとりません。

料理法としては、野菜炒め、ギョウザの 具、にら玉、みそ汁、にらレバー、にら雑炊など工夫しだいでいろいろ考えられる食材です。

春から秋にかけて、同じ株から何度も収穫できるので、年間を通して出回っています。

値段も安定していますが、とくに春がもっとも安くなる時期です。
ただし、同じ根株から何度もとるうちに、だんだん繊維が多くなって味が落ちますので、できれば初期に収穫した ものを食べたいものです。

春先ならば、やわらかくて上質のものが多く出回っています。
葉が ぐったりした感じのものは、何度も収穫した株のものですから避けたほうが無難です 。

そのほか買うときのポイントは、葉先がまっすぐ伸びていて勢いのいいもの、葉の肉が 厚く、みずみずしい感じのものを選ぶと良いでしょう。

保存は、ぬれた新聞紙などにくるんで冷蔵庫に入れて保管すると良いでしょう。

にらの注目成分



にらのおいしい食べ方

にら納豆

  1. にら1束をサッとゆで、冷水でさます。
  2. 良く水気をしぼってざく切りにする。
  3. かまぼこ2cmを、細切りにする。
  4. ひき割り納豆1パック、しょうゆおおさじ2、ねりがらし少々をまぜ、にらとかまぼこをあえる。
  5. 小鉢に盛り、中央をくぼませて卵黄を1個ずつのせる。

>>にらの効能へ

にら人気商品