健康に良い食べ物  さやいんげん

さやいんげん
  • 薬効:風邪 貧血 がん 高血圧 心筋梗塞予防 脳梗塞 動脈硬化 老化 疲労回復 便秘  

インゲンは、隠元禅師が中国から伝え、その名が付いたといわれますが、確かなところはわかっていません。

一年に三度も収穫できるので、関西では三度豆と呼ばれることもあります。

料理の付合わせや彩りに使われることが多いですが、旬のものが出回るときは、これをメインにたっぷり食べれば、バランスの良い栄養成分の効果も期待できるでしょう。


さやいんげんの注目成分

さやいんげんの栄養素と効能効果

ビタミンやミネラルは、とくに多く含まれているというわけではありませんが、いろいろな栄養素がバランスよく含有されています。

カロテンをやや多く含み、ビタミンCは意外に少なめです。
カルシウムとやはやや含むという程度で、食物繊維はやや多く、不溶性が主です。

サヤインゲンに含まれるβ-カロテンは、免疫力を高め風邪やがんの予防に効果があるといわれています。

さやいんげんの食べ方

沸騰湯で下ゆでし、青臭さを除いて用います。
ゆで加減は料理に合わせて。
そのままおひたしや和え物、サラダにというときは程よく、付合わせや彩り用には、あとの加熱を考慮して固めにゆでると良いでしょう。


 

さやいんげんの関連ページ