健康に良い食べ物  ゴマ

  • 薬効:便秘 抜け毛・白髪 動脈硬化 高血圧 貧血 生理痛 咳 やけど 切り傷 骨粗しょう症

紀元前4000年以前のエジプトのピラミッドからも見つかったというゴマ。
現存する中国最古の薬物書「神農本草経」には不老長寿の秘薬と書かれているそうです。
日本には奈良時代、仏教とともに伝わり、精進料理の材料としても使われました。

ゴマの栄養素と効能効果

ゴマ

脂肪とタンパク質に富み、とくに脂肪分は全体の半分以上を占め、そのほとんどが不飽和脂肪酸です。

中でも多いのがオレイン酸、リノール酸の二つです。
それ以外でもパルミチン酸、ステアリン酸、リノレン酸などを少量含有しています。
これらの植物性油脂が健康や美容にすぐれた効果を発揮します。

ゴマのタンパク質は、必須アミノ酸を含む良質のもので、大豆に匹敵する栄養価を誇っています。

その他、カルシウムビタミンB1、B2、リン、鉄、などを豊富に含み、まさに滋養強壮食品の代表選手です。

精進料理の主役として、修業僧の健康維持に一役買ったというのも、うなずけます。

また、ゴマ油は白ゴマから作られることが多く、さまざまな利用価値があります。
ゴマ油は健康メリットはあるが、オメガ6系の脂肪酸なので取り過ぎには注意しましょう。



ゴマの便秘解消効果

黒ごまをすり、小麦粉とハチミツを加えて、よく練ったものを蒸して食べると、便通がよくなります。

便がかたくて出にくいときや残便感のあるときは、黒ごま15g、米60g、あんずの種(杏仁)60gを一晩水につけてふやかしたものをすり鉢でペースト状になるまでつぶし、火にかけてよく煮つめます。
最後に砂糖を加えて、数回に分けて食べます。

ゴマの抜け毛・白髪予防効果

ごまを常食すると、ビタミンEなどの作用で末梢の血行が良くなり、毛髪に栄養がよく行き渡るようになります。
その結果、髪のつやが良くなり、黒々としてきます。

抜け毛がひどいときには、さかずき1杯のごま油に、等量の塩をよく混ぜたものを頭皮にすりこみ、よく指先でマッサージします。
そのあと熱いタオルで、きれいにふき取ります。
毎日、風呂上りにこのマッサージを繰り返せば、抜け毛や白髪の予防になります。

ゴマのコレステロール低下作用

ごまを常食していると、血管が丈夫になり、血中に沈着したコレステロール中性脂肪を除きます。

これはリノール酸、オレイン酸などの不飽和脂肪酸の働きによるものです。

ゴマの貧血解消効果

ごまを常時食べていると、造血作用が促進され、軽度の貧血ならば治ってしまいます。

食卓にいつもごまを用意し、ご飯やサラダ、漬け物などに振り掛けるようにすれば面倒もなく、ごまを摂ることができます。



ごまの生理痛解消効果

番茶に、すりつぶしたごま塩一つまみを入れたものを、お茶がわりに飲んでいると、生理痛がやわらぎます。
番茶に、数的ごま油をたらして飲んでも、同様の効果が得られます。

ごまのせき止め効果

黒ごまと氷砂糖を8対1の割合で一緒にすりつぶします。
これを朝夕15gずつ熱湯を注いで飲みます。
痰の出ない、乾いたせきに効果があります。

ごまの消炎作用

軽いやけどでしたら、水で十分冷やしたうえで患部にごま油を塗ります。
ごま油の消炎作用で患部が癒されるのと同時に、化膿を防いでくれます。

切り傷の場合は、傷口をきれいに水で洗い、ごま油を患部に塗ります。
ごま油の膜が外気を遮断し、雑菌に感染することを防いでくれます。


おすすめコンテンツ


ゴマの関連ページ