アリシン

アリシンは、にんにく特有の強烈な臭い成分です。

ニンニク

にんにくを切ったり、すりおろしたり、たたきつぶすなどして細胞を破壊すると、細胞中にあるアリインという成分が、アリイナーゼという酵素と反応してアリシンが合成されます。

アリシンは、疲労回復効果のあるビタミンB1と結合すると、アリチアミンという物質になり、体内に長く留まって疲労回復に効果を発揮します。

また、アリシンはナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化させ免疫力を高め、がん予防にも有効です。

アリシンが分解される過程でできる含硫アミノ酸にも、体内の有害金属や発がん物質を除去する作用があります。
強力な抗血栓作用もあり、動脈硬化の予防にも効果があります。

近年注目されたのが、にんにくを長時間アルコールにつけ込むことによって生成されるS-アリルシステインで、動脈硬化やがん予防に効果があります。



アリシンが含まれる食品

にんにくにら玉ネギ長ネギ、あさつき、らっきょう


アリシンの上手な取り方

にんにく、にら、玉ねぎなどの独特の強い香りが、硫黄化合物のアリシンです。

アリシンビタミンB1と結合してビタミンB1の働きを促進するので、疲労回復に効果抜群です。

にんにくは、焼酎やワインにつけ込んで常備しておくと良いでしょう。

にらは、ビタミンB1を多く含む食品と組み合わせて、ビタミンEの多い植物油で炒めると、効率よく栄養が取れます。

アサリのにんにく蒸し

材料

  • アサリ(殻つき)300g、赤とうがらし1/2本、にんにく(薄切り)6枚、酒大さじ1、ゴマ油小さじ1

作り方

  1. アサリは洗い、塩水につけて砂抜きをしておく。
  2. 赤とうがらしは種を除く。
  3. ゴマ油で赤とうがらしとにんにくを炒める。
  4. アサリと酒を加えて蓋をし、鍋を時々揺すりながら煮る。
  5. 貝の口が開いたら出来上がり。


アリシンの関連ページ