乳酸菌の種類と機能

乳酸菌は乳酸をつくる微生物(細菌)の総称で、多種多様な種類があります。

大別すると球菌と桿菌(かんきん)に分類されます。

乳酸菌の種類と含有食品

球菌(丸い形をしている)桿菌(棒状をしている)
連鎖球菌属乳連鎖球菌バター、チーズ、ヨーグルト乳酸桿菌属ブルガリヤ菌ヨーグルト、乳酸菌飲料
ヨーグルト菌ヨーグルト、乳酸菌飲料
クレモリス菌バター、チーズ、ヨーグルトカゼイ菌チーズ、乳酸菌飲料
プランタルム菌ぬか漬け
ペディオコッカス菌属セルビシエ菌サラミソーセージビフィズス菌属ビフィダム菌乳酸菌飲料
ハロフィルス菌味噌、醤油インファンティス菌乳酸菌飲料
ブレべ菌乳酸菌飲料


乳酸菌の健康機能

腸内環境を整えるなど、多くの機能性がある乳酸菌は、次のような生理活性が期待できます。

がん予防

  • 発ガン物質を作り出す悪玉菌の繁殖を抑える。

免疫力を高める

  • 免疫監視機構の一部を担うマクロファージを刺激することで抵抗力をつける。

コレステロール低下

便秘の解消

  • 腸の働きを活性化し、消化吸収を促進すると共に排便を促す。

肝機能の向上

  • 乳酸菌が有害物質を吸着するため、肝臓の負担が軽減される。

肌トラブルの解消

  • 肌荒れなど肌トラブルの原因となる便秘を解消する。

抗生物質による副作用の低減

  • 抗生物質を使うと有益菌(善玉菌)まで減ってしまうが、乳酸菌はこれを補う。

 

乳酸菌の種類と機能の関連ページ