ファイトケミカルの抗酸化作用

ファイトケミカルの多くは、抗酸化作用を持っていることが知られています。

抗酸化作用には4つのステージあり、ファイトケミカルは主に第2ステージで働きます。

  • 第1段階 活性酸素やフリーラジカルの発生を防ぐ
  • 第2段階 フリーラジカルを安定化させる
  • 第3段階 酸化生成物を無害化し、損傷した細胞を修復する
  • 第4段階 傷害が起こった部位に抗酸化因子を送り込む

⇒ 抗酸化作用が老化を防止し病気の発症を防ぐ

フリーラジカル

がんや老化、動脈硬化に深く関わる酸化反応の元凶が活性酸素です。
呼吸で取り込んだ酸素が燃焼する過程で生じます。

その多くは、大変不安定な分子構造を持つ物質(フリーラジカル)で、強い酸化力があります。


 

ファイトケミカルの抗酸化作用の関連ページ