カロテノイド(カロチノイド)の種類

カロテノイドには数多くの種類がありますが、大別するとカロテン(カロチン)類とキサントフィル類とがあります。

分       類カロテノイドを多く含む食品
カロテン類
(アルコールに溶けない)
α-カロテン緑黄色野菜
β-カロテン緑黄色野菜
γ-カロテン緑黄色野菜
リコペン(リコピントマト、すいかなど
キサントフィル類
(アルコールに溶ける)
ゼアキサンチンパパイヤ、マンゴーなど
カプサンチン
赤唐辛子、赤ピーマンなど
ルティンほうれん草、キャベツ、そばなど
アスタキサンチンエビ、カニ、鮭など
フコキサンチン海藻類
クリプトキサンチンみかん、とうもろこしなど

カロテノイド類の抗酸化作用は、一種類だけを摂るよりも、複数を摂ったほうがより効果的ですので、色とりどりの野菜や果物を組み合わせて摂るようにすると良いでしょう。


 

カロテノイドの種類関連ページ