ファイトケミカル

ビタミンやミネラル食物繊維以外にも体の生理的機能を活性化させる「機能性成分」が脚光を浴びています。

特に野菜や豆類、いも、海藻などの植物性の食品から発見されており、これらを総称してファイトケミカル(フィトケミカル、非栄養素系食品因子)と呼ばれ、植物の色素や香り、アクなどの成分です。

ポリフェノールは植物性の食品に含まれる色素やアクで、動脈硬化予防などの効果があるとして有名です。

ほかにもカロチン類やテルペン類、有機硫黄化合物、長鎖アルキルフェノール誘導体、β-グルカンなどが認められています。

ファイトケミカルの働き

植物は紫外線の害から身を守るために色素やアクなどの成分を作り出していると考えられており、そういった成分は人にとっても重要で有効に働きます。

ほとんどのファイトケミカルには活性酸素による弊害を無害化する働きがあり、生活習慣病や老化防止に力をはっきします。

フィトケミカルはどれか1つの成分だけを摂るよりも、色々な種類を組み合わせで摂ったほうがより効果を高めます。

つまり、1種類のサプリメントなどで摂るよりも、複数のファイトケミカルやビタミン類を含んでいる食品で摂るほうが効果的です。

多種類の食品を組み合わせて摂ればさらに効果が高まります。


 

ファイトケミカルの関連ページ