カプサイシン

カプサイシンは、唐辛子の辛味成分で、アルカロイドのうちカプサイシノイドと呼ばれる化合物のひとつです。

赤唐辛子

体内に吸収されたカプサイシンは、脳に運ばれて内臓感覚神経に働き、副腎のアドレナリンの分泌を活発にさせ、発汗及び強心作用を促します。

中枢神経を刺激してエネルギー代謝を促進させるため、肥満を予防する効果があります。

また、殺菌作用や健胃作用があることも知られています。

カプサイシンが含まれる食品

とうがらし


 

カプサイシンの関連ページ