イカの栄養、効能効果

  • 効能効果
    動脈硬化予防、眼精疲労緩和、肝機能強化
いか

イカは、タンパク質の量こそ一般的な魚よりやや少なめながら、その質の良さと吸収しやすさは牛乳にも匹敵します。

加えて脂質や糖質を合わせても、わずか1%強しかないという低カロリー食品であり、肥満や生活習慣病が気になる方におすすめの食材です。

ビタミン類はあまり多くありませんが、ホタルイカは全体を食べることから、そのビタミンAはウナギを上回ります。



脂肪量自体は少ないイカですが、ことコレステロールの量となるとやや高めです。

コレステロールは内臓脂肪として沈着し、動脈硬化などの原因となる成分であり、この点が以前は問題視されていましたが、近年イカには多く含まれるタウリンコレステロールを減らす働きを持つことがわかり、こうした不安も解消しています。

このように多く含まれるタウリンコレステロールを相殺してくれるので、イカはヘルシーな食材として積極的に食卓にあげていただきたいものです。


イカの関連ページ