蝦(えび)の栄養、効能効果

  • 効能効果:高血圧予防、免疫力強化、動脈硬化予防、眼精疲労緩和、肝機能強化、骨粗鬆症予防
えび

エビはイセエビをはじめ、クルマエビ、アマエビ、ボタンエビなど種類もいろいろですが、そのどれもが、高タンパクで低脂肪、しかも糖質がゼロというのが特徴です。(ただし痛風の原因、尿酸を増やすプリン体を多く含むので尿酸値の高い方は注意)

エビに独特のうまみがあるのは、グリシンやベタインなどのアミノ酸が多いためです。

ミネラルは全体に少なめですが、鉄分を含むので貧血予防には有効です。



エビに関して特筆すべきは、イカやタコに次いで多いタウリンと、殻に大量に含まれるキチン質です。

魚介類に多いタウリンは血中コレステロールを抑えて動脈硬化を予防する働きがあるとともに、肝機能強化や眼精疲労の緩和に力を発揮します。

食物繊維キチン質は近年、免疫力の活性化に役立つことがわかっているので、小さなエビなどは殻ごと食べるのがおすすめです。

エビのおすすめ通販



エビの関連ページ