健康に良い免疫力を高める食べ物  カリフラワー

カリフラワーは外観からでしょうが、別名花キャベツともいわれています。
また、球の部分はつぼみが集まったもので花椰菜とも呼ばれています。

つぼみが白いカリフラワー一般的ですが、これはつぼみができるとすぐに、外側の大きな葉をかぶせるようにして日に当てずに育てるからです。

カリフラワー

カリフラワーの栄養効能効果

  • 薬効:がん予防、便秘予防、高血圧、風邪予防、動脈硬化、美肌など。

ビタミンCといえばすぐに思い浮かぶのがレモンですが、じつは淡色野菜であるカリフラワーには、これに負けないほどのビタミンCが含まれています。

カリフラワーは、いも類と同じように組織がしっかりしているので、ビタミンCの量はゆでた後でも、同量のレモン果汁とほぼ同じです。

レモン汁100gを摂ろうと思うと大変ですが、温野菜にしたカリフラワーならペロリといただけるでしょう。

ビタミンCといえば、高い抗酸化力や美肌などのほか、風邪を予防する効果もあり、カリフラワーは、冬の食卓に欠かせません。

ビタミンC以外は、ビタミンB1、B2、カルシウムなどを含みますが特筆するほどではありません。
食物繊維はやや多く含まれ、ほとんどが不溶性で、便通を良くします。

カリフラワーの注目成分

カリフラワーの主な栄養成分(可食部100gあたり)

カリフラワー


カリフラワーの食べ方

多少アクがあるので一般的にはゆでて使います。
美味しくゆでるには、カリフラワーがかぶるくらいの湯(約1ℓ)に塩小さじ1強、酢大さじ1、小麦粉大さじ2を合わせて、カリフラワーの花のほうを下にして入れ、浮き上がらないよう落とし蓋をします。

かためで歯ごたえがあるほうが美味しいので、ゆですぎには注意しましょう。(カリフラワーは生で食べることもできます。)

玉ネギやニンジンなどと酢漬けにしておくと、付け合せに便利に利用できます。

ソテーやグラタンなどの洋風の献立はもちろん、茶碗蒸しなどの和風メニューにもなかなか良く合う食材です。

カリフラワーを購入する際は、白かクリーム色でかたくしまっているものを選ぶと良いでしょう。
保存は、固ゆでにして冷蔵か冷凍保存すると良いでしょう。

カリフラワーの栄養素を効果的に引き出す調理法

切って水にさらすのは禁物!栄養損失を守るには蒸す

熱で壊れにくいビタミンCを含んでいるのがカリフラワーの特徴です。
ただ、水溶性でビタミンの一種であるビオチンも同様の性質があるので、栄養の損失を防ぐには蒸す調理法がベストです。

切ってから水にさらすことも避けましょう。



カリフラワーの健康美容効果倍増の食べ合わせ

カリフラワー+クリームチーズ

カリフラワーに含まれるビタミンCカルシウムの吸収を助ける働きがあり、骨を丈夫に保って骨粗しょう症の予防、歯の健康維持が期待できます。

おすすめレシピ:カリフラワーのチーズディップ添え

カリフラワーの選び方

重みがあり、白いつぼみが詰まっているもの。
葉が鮮やかでハリがあり、瑞々しい。
茎の断面が瑞々しく、変色していないものを選ぶ。

おすすめコンテンツ

カリフラワーの関連ページ