アケビ  別名:木通(もくつう)、通草(つうそう)

  • 薬効
    がん予防 抗炎症作用 脂質降下作用 肝臓病予防 腹水予防改善 淋病改善 利尿作用  

アケビとは、本州,四国,九州,朝鮮半島や中国に自生するアケビ科の落葉つる性植物です。
日本においては、山の果物の筆頭に挙げられるものかもしれません。
春に薄紅色の小さな花をつけ,秋に楕円形で長さ5~8cmの実を結びます。
果実は秋になるにつれ紫色を帯び縦に開裂します。

アケビ(葉は5枚・長だ円形)の仲間には、ミツバアケビ(葉は3枚・広卵形)、ゴヨウアケビなどもあり、アケビの親戚となるムベ(果実が開裂しない)も同様に食べられます。

いずれもつるが長く伸びて樹木に巻き付き、高い所に果実をつけるので、採取には骨が折れます。

あけび

アケビの茎を輪切りにしたものが生薬木通(もくつう)です。
茎にはトリテルペノイド,ヘデラゲニン,オレアノール酸が含まれます。
抗炎症,利尿,抗潰瘍,脂質降下などの効果もあります。

漢方では腎臓に働き,膀胱炎や浮腫,湿疹,月経不順,母乳不足などに用います。
民間療法では木通をキササゲといっしょに煎じて浮腫に用いたり,煎じた液で腫物ができている患部を洗うと効果があるとされています。

アケビの果実は八月札(はちがつさつ)または預知子(よちし)といい,乾燥して用います。

種子にはオレイン酸,リノレイン酸,パルミチンなどの脂肪油を約18%,数種のトリテルペノイドサポニンを含みます。

漢方では胸脇部の痛みや胃痛,下腹部痛,月経痛,腰痛などに用います。
近年,中国では尿路結石や乳ガンヘの投与,効果が研究されています。

アケビの果実は熟すと縦に口を開けます。アケビという名は実が開くことに由来します。
果実の中には黒い種が多数ならび,半透明の果肉に包まれています。
よく熟した果肉は甘味があり,生で食べることもできますし,実が開いていない果実は料理に使います。

ミツバアケビのつるは丈夫なので椅子,籠,敷物などに利用されています。

山で太くなったアケビのつるを掘り取って庭に植えておけば、数年後には果実を得ることが出来ます。
種子からだと十数年はかかります。

植える場合は、大きめな果実を多くつけるミツバアケビを日当たりのよい場所に植えると良いでしょう。



アケビの効能効果

木通を煎じる

  • 利尿,抗炎症,抗潰瘍,脂質降下に効果がある。
  • 膀胱炎,浮腫,湿疹,月経不順,母乳不足などの改善

八月札を煎じて,または生食する

  • 胸脇部痛,胃痛,下腹部痛,月経痛,腰痛などの改善

新葉をほうじて,お茶として

  • 利尿,健胃に

葉,茎を20g煎じる

  • 淋病,腹水などの改善。(半透明の果肉を適宜食べる)
  • 利尿

アケビの採取時期・利用法

  • 新芽:4~5月(食用・茶代用)
  • つる:秋~冬(薬用)
  • 葉:5~7月(茶代用・入浴剤)
  • 果実・種子:晩秋(10~11月)(食用)
  • 根:秋~冬(薬用


アケビの食べ方

アケビの白い果肉は種子が多いが甘く、熱い果肉は炒め物や天ぷらにすると美味しいです。
また、若葉も和え物として食べられます。

アケビの食べ方詳細へ

おすすめコンテンツ

アケビの関連ページ