アーモンド

  • 薬効:動脈硬化 貧血 骨粗鬆症 がん 老化予防  

近年、美容と健康に良いと注目されているアーモンド。
その歴史は古く、紀元前4000年ごろのメソポタミアでも食べられていたといいます。
古代エジプトでは、ツタンカーメンのお墓に「死後の旅路の食べ物」としてアーモンドオイルが添えられていたとか。

アーモンドは中近東、中央アジア原産のバラ科サクラ属の植物で、その実は古くから、保存食、携行食、滋養強壮の食べ物として重宝されていました。

現在の主な産地はアメリカ(カリフォルニア)です。

アーモンドは、主成分である脂質のほとんどが、リノール酸など不飽和脂肪酸で構成されています。

ほかの栄養素についても、ビタミンのB1、B2、Eや、カルシウム、鉄分がたっぷり含まれ、とりわけ抗酸化力の高いビタミンEは雑穀やナッツ類の中でトップの含有量を誇るのが大きな特徴です。

アーモンド100gに含まれるビタミンEは31.2mgで、23粒で1日に必要なビタミンEをとることができます。
アーモンドに含まれる抗酸化力の高いビタミンEは、がんや心臓病、脳卒中などの生活習慣病の予防と老化予防の効果を発揮します。

アーモンド

また、血行を良くする働きもあるので、血行不良からくる肩こりや頭痛、冷え性のなどの解消に役立ちます。

栄養の代謝を促すビタミンB群のほか、貧血に良い鉄分、骨を丈夫にするカルシウムも多いアーモンドは、まさに手軽な栄養補給食といえます。

主成分の脂質の3分の2はオメガ9のオレイン酸です。
カルシウム鉄分マグネシウムなどのミネラルタンパク質も豊富に含まれています。

食物繊維も多いので整腸作用も期待できます。

ただし、10粒でご飯1/3杯分に相当するカロリーはかなり高く、食べ過ぎには注意が必要で、市販の加工品には塩分も多く含まれるものもあるのが気になる点です。

ローストしたものを食べるだけでなく、料理の素材として上手に使う工夫をすると良いでしょう。

アーモンドの注目成分



アーモンドの効能効果

アーモンドに含まれる不飽和脂肪酸(リノール酸など)には、抗コレステロール作用があり、動脈硬化などの生活習慣病予防に有効です。

アーモンドに含まれるビタミンEには、抗酸化の働きのほか、末梢の毛細血管を拡張させ冷え性や肩こりを改善させる効果があります。
抗酸化による老化予防に加え、ホルモンの代謝にも関与し、若さを保つために効果を発揮します。

アーモンドの賢い食べ方

豊富なビタミンEとリノール酸が体におすすめながら、カロリーの高さがやや気になるアーモンド。
塩分も多い加工品を酒のつまみにするばかりでなく、乾燥品をスライスして料理やお菓子作りの材料に利用するのも良いでしょう。

たとえばスライスしたものを衣代わりにまぶした「カボチャのアーモンド揚げ」などです。
スライスすることでアーモンドの量を少なくすることができるうえ、こちらも豊富なカボチャの脂溶性ビタミンEともども、油を使うことで吸収率を高めることができます。



おすすめコンテンツ

アーモンドの関連ページ