メロン

  • 薬効:むくみ 風邪 美肌 高血圧 

メロンには主に温室で育てる温室メロン(マスクメロンなど)と露地メロン(プリンスメロン、夕張メロンなど)の2種類があり、その栄養価はそうとうに違います。

メロン

つまり後者はビタミンA、Cとも前者より格段に多く、野菜なみの含有量を誇ります。
一方の温室ものはタンパク質ビタミンB1にすぐれています。

値段や味の点はともかく、栄養面では両者の長所をうまく使い分けると良いでしょう。

意外にも、食べごろを見分けるのがなかなか難しいメロンですが、細胞膜の中にあるプロトペクチン分解してやわらかくなると、うま味成分が増える一方で、このタイミングを逃がしてしまうと、すぐに果肉はグチャグチャになり、格段に味が落ちてしまいます。

わかりやすい食べごろの目安としては、花の落ちた部分(ヘタと反対のところ)を静かに押してみて、わずかにへこむ程度が食べごろです。

メロンの栄養素と効能効果

温室・露地とのに、メロンの主成分といえば、果糖やブドウ糖、ショ糖などの糖質です。

これらは代謝に必要なビタミンB1の助けなしで吸収が良く、朝食に食べれば即、エネルギーに変換されます。

メロンには種類を問わずミネラルカリウムも多く、多過ぎる塩分を体の外へ排出して水分によるむくみを取る働きもあります。

ただし、体を冷やす作用もあるので、冷え性の人はあまり食べ過ぎないように注意しましょう。

ビタミンAなどメロンの有効成分の多くは、ワタの部分に豊富に含まれています。
なるべく捨てずに、丸ごと食べるようにしましょう。


 

メロンの関連ページ